So-net無料ブログ作成
検索選択

『EXO、アルバム発売延期... "哀悼が先、理解してほしい"』 [EXO]



スポーツソウルの記事


男性グループのエキソEXOが当初21日に予定されたミニアルバム発売を暫定的に延期した。

EXOは18日午後、公式ホームページを通じて「先日発生した旅客船セウォル号沈没事故と関連して哀悼の
意味で、当初21日に公開することにしていたミニアルバムの発売を先送りすることにした」と明らかにした。
続いて、「ファンたちの了解を望む」と説明した。

ホームページによると、EXOの今後のアルバム発売日程とカムバックは後日再議論を経て全面的な調整を
経る予定だ。

先立ってEXOのミニアルバムは来る21日昼12時、iTunesをはじめ韓国や中国で同時発売される予定だった。
韓国語で歌ったEXO-Kバージョンと中国語で歌ったEXO-Mバージョンで構成された今回のアルバムは、
タイトル曲「中毒」はもちろん、様々な収録曲が全世界の音楽ファンを狙う。



以下は、ホームページに上がってきたコメントだ。


こんにちは。

去る16日に発生したセウォル号沈没事故のニュースに接し、私たちSMエンターテイメント所属のすべての
アーティストや社員などSM家族皆が悲嘆に暮れて残念な気持ちです。

私たちSMエンターテイメントとEXOメンバーは、アルバム音源発売など今後の国内活動のスケジュールについて
議論した結果、21日に予定されていたミニアルバム「中毒」の発売日程を暫定的に延期することを決めました。

犠牲者の方々への哀悼と行方不明者の方々が無事に帰って来られるように祈る気持ちで下した決定ですので、
アルバムを待っていらっしゃるファンの皆さんの了解お願い致します。

新しいミニアルバム「中毒」に多くの関心を持ってくださったファンの皆さんに感謝申し上げて、今後の発売日が
確定され次第お知らせするように致します。

ありがとうございます。





自動翻訳を利用しています。




これは仕方ない。

待ちましょう。。。





SM社屋
Ble101bCMAAgvrT.jpg
via:FluffyFox





日本公式サイト

グリパの「LIVE&EVENT最新レポート」





nice!(0)  コメント(0) 

『[スターキャスト]今ヤバイ!EXOに中毒!』 [EXO]



ネイバーの記事


昨日の蚕室が盛り上がったというニュースを聞きましたか?!

午後の早い時間からネイバーリアルタイム検索語のリストを占領してしまった「EXO」と「EXOカムバックショー」、
そして「中毒」。

165715562_01.jpg


EXOが昨日の夜、新しいミニアルバムの収録曲とパフォーマンス、タイトル曲「中毒(Overdose)」を初披露
「EXOカムバックショー」で派手にカムバックしました〜!「カムバックショー」の生中継もアクセス多数、世界中の
音楽ファンたちの関心を一身に受けたEXOの強烈だった「EXOカムバックショー」の現場をスターキャストを
通じて確認してください〜!


165715741_02.jpg

それぞれの個性を誇るシューズの主人公は?!

165715899_03.jpg


まさに「EXOカムバックショー」のリハーサル舞台に立ったEXOのメンバーです。楽な服装でドライリハーサルに
臨んだEXO完全体〜!

カジュアルな服装にもかかわらず、新しいアルバムの舞台を初めて披露する席であるだけに、メンバーの顔には
緊張した気配がありありと見えます。


165716122_04.jpg


メンバー同士、動線とグループ振り付けも入念にチェックし、ディオはマイクテストに余念がない様子ですね。


171851719_01.jpg

171852223_02.jpg


ドライリハーサルを終えて、しばらく衣装交換のため控室に退場したEXOが新しい衣装に着替える間、EXO控室を
あれこれを見てみました。並んで配置されている帽子とアクセサリー、そして新曲「中毒(Overdose)」の舞台衣装〜!

「ウルロン」制服の衣装ではなく、新しい舞台とパフォーマンスに合わせた新しい衣装を見て、EXOのカムバックが
もっと実感できるように感じられますね。いつのまにか新しい衣装に着替えて、カムバックショーの開始を
準備するEXOのメンバーたちに会ってみましょうか..?


165716458_06.jpg


スタイリッシュなスーツに着替えたEXOのメンバーたち〜!スタイリッシュなスタイリングに目を奪われます〜!

165716619_07.jpg


いたずら心を隠すことができないチャニョル!精一杯モデルフォースを誇っているクリスの後ろに隠れてクリスに
いたずらをしてみるんです〜1秒後のチャニョルの状況はファンの皆さんの想像(?)に任せることに...;


165716861_08.jpg


時は流れ、いつしかEXOのショータイム。

蚕室室内体育館をいっぱいの8千人のファンたちの歓声がどの時計よりも正確に午後8時、「EXOカムバックショー」の
開始時間が近付いたことを教えてくれました!


165716984_09.jpg

170338518_%25A4%25B7%25A4%25B7%25A4%25B7%25A4%25B7%25A4%25B7.jpg

165725132_11.jpg


カイの印象的なパフォーマンスに続く「狼と美女」の舞台で幕を開けた「EXOカムバックショー」。「狼と美女」に続き
「History」の舞台を相次いで披露してカムバックショーを見にきたファンたちに素敵なパフォーマンスで歓迎の
挨拶を表しました。


165725405_12.jpg

165725600_13.jpg


"こんにちは。We are One!We are EXO!"

しばらく息を整えてファンにあいさつするEXO。


短い挨拶を終えた後、EXOは「EXOカムバックショー」のMCを引き受けたチョン・ヒョンムさんと一緒に新曲
「中毒(Overdose)」と「中毒(Overdose)」のMV撮影のエピソードについて話をする時間を持ちました。
甘い薬を過剰摂取したかのように抜け出せない中毒になった男の心を表現したタイトル曲「中毒(Overdose)」の
曲の説明に続いて、メンバーたちの多様なMVのエピソードが続きました。


六角形の形成をメンバーたちが体で表現する振付があり、和を合わせるときに大変だったというペクヒョンと
EXO-KとEXO-Mがアングルに含まれると困って、カメラの後ろに隠れて走り回って面白かった記憶があると
答えたチャニョルのインタビューで、今回の新曲「中毒(Overdose)」のパフォーマンスに注ぐEXOの努力を
垣間見ることができましたが。

「中毒(Overdose)」のポイント振り付けを即座に披露して直接振付の意味を説明したりしたカイとレイ。


165725737_14.jpg

165725946_15.jpg


メンバーの振り付け実演で熱くなった「EXOカムバックショー」は、続いて披露した「MAMA」と「ウルロン」の舞台、
そしてそれに歓呼するファンたちの歓声で雰囲気がより一層盛り上がりました〜!「ウルロン」の強烈な
パフォーマンスの後、戻ってきたトークの時間。 EXOはファンのためにメンバーが今回のミニアルバムの
収録曲を直接紹介し、ファンと一緒に音源を事前に聞いてみる時間を持ちました。加えてボーナスに1小節ずつの
ライブ歌唱まで〜!


165726148_16.jpg

165726442_17.jpg


新しいアルバムの収録曲「Run」を紹介している間、「神秘的な魅力を持った少女に星がいっぱいの未知の
世界に手を取って行こうという内容を盛り込んだ」というチャニョルの曲の説明に「ガールフレンドができれば
行ってみたいところはどこ?」と意地悪な質問を投げたMCチョン・ヒョンム。そして続いた回答で示された
EXOのメンバーたちの嗜好。」


最初に、故郷の波!

タオ「故郷チンタオのビーチに行きたい」、スホ「家と会社がある狎鴎亭に行きたい。EXOが江南広報大使だから
狎鴎亭に行くつもり」、ルハン「故郷である北京の天安門に行って写真を撮りたい」、ディオ」私の家に行きますか?」、
ベクヒョン「江原道の祖母宅に行きたい」


第二に、鳥肌派!

シウミン「ガールフレンドがここにいるのに、どこ行きますか」、カイ「私の広い腕の中で一緒にいたい」
セフン「EXOコンサートに行きたいと思います。ここに私のガールフレンドが来ていますね」


第三に、外国人の別の波!

チャニョル「ガールフレンドがいるならEXOプラネットに行きたいです」、
ファンに質問したクリス·「(ファンが代わりに答えて)ギャラクシー〜!」



他にも、日の出を見に東海に行きたいとチェンと作業室に一緒に行きたいというレイの答えで12名それぞれの
個性を感じることができました^ ^


収録曲試聴の順番が終わって、今の段階で会ってみる時間!


165726594_18.jpg

165726817_19.jpg


EXO は天気予報の「좋아좋아」に続き、新曲「Run」の舞台を相次いで披露したのです。明るい雰囲気の舞台に
ファンたちの顔もパッと、EXOのメンバーたちの顔もパッと!

しばらく衣装を着替えにEXOのメンバーが退場したステージでEXO-K「中毒(Overdose)」のMVが再生されます。
強烈なパフォーマンスと感覚的映像美に蚕室室内体育館をいっぱいに満たした8000人のファンが皆息を殺して
見守ったEXO-K「中毒(Overdose)」のMV。


165727162_20.jpg


EXO-K「中毒(Overdose)」のミュージックビデオが終わって公開された「EXOカムバックショー」のハイライトは
「中毒(Overdose)」の初舞台!


165727348_21.jpg

165727484_22.jpg

165727608_23.jpg


ステージパフォーマンスを通じてさらに強烈な魅力を披露したEXO完全体〜!隙のないチームワークとカル群舞、
派手に変化する形成など目を離すことができないパフォーマンスが行われました。初めての舞台にもかかわらず、
メンバーたちの誰一人失敗なく無事に舞台を終えました。メンバーたちが六角形の形成を構成、最後のタオが
空中回して舞台を終えるときにくらっとするほど大きな歓声があふれ出たという裏話。

中毒(Overdose)」の舞台は4月18日ミュージックバンク放送初回放送を通じても確認可能だからたくさん期待して
ください〜!


165727840_24.jpg


親指をあげて「We are One!」を叫んで'「EXOカムバックショー」の幕を下ろしたEXOのメンバーたち。

EXOメンバー各自が感謝の挨拶を伝えてカムバックショーに来てくださったファンに感謝の気持ちを伝えました。
EXOは今回のミニアルバムを通じて、EXO-KとEXO-Mに分かれて韓国と中国で同時に活動する計画。
ファンたちの物足りなさの歓声に、スホとクリスはすぐにEXO12人の完全体スペシャル舞台でもしばしば
お伺するという嬉しいニュースを伝えることもしました。

EXOのメンバーたちにの感謝の挨拶の後、EXO-M「上瘾(Overdose)」のMVを最後に「EXOカムバックショー」が
幕を閉じました。さらに進化した姿と強烈なパフォーマンス、そして中毒(?)あるタイトル曲「中毒(Overdose)」で
カムバックしたEXO。今後、韓国と中国を行き来しながら活発に活動し、韓国だけでなく世界のファンと一緒に
疎通するEXO12人のメンバーに多くの応援をお願いして、21日に公開される新しいミニアルバムもたくさん
期待してください!






自動翻訳を利用しています。




昨日アップされた記事。



明日が放送初回の予定だったMnetのリアリティ番組も延期、20日までのスケジュールは全部キャンセル。
『カムバックを控えた歌手たち、今後2週間は暫定的に休業か?相次ぐ延期』

2週間はちょっと長い・・・。

Mはスケジュール通りみたいね、今のところ。




nice!(0)  コメント(0) 

EXO “Overdose”MV [EXO]



EXO-K

EXO-K_중독(Overdose)_Music Video 投稿者 mrmrnnnn



EXO-M

EXO M_上瘾(Overdose)_Music Video_(Chinese ver) 投稿者 rossykailay


こっちはダンスバージョンみたいだね。




nice!(0)  コメント(1) 

『珍島客船沈没事故追悼参加...EXO、17日報道機関インタビュー全面キャンセル』 [EXO]



TVREPORTの記事


グループEXOが珍島客船沈没事故で哀悼に参加し、計画していた報道機関とのインタビューを全面取り消した。

去る15日、2枚目ミニアルバムでカムバックしたEXOは来る17日、各報道機関の記者たちと会ってインタビューを
予定していた。しかし、16日午前に発生した事故の​​ニュースを聞いたEXO所属事務所側は計画を変更した。

EXO所属事務所の関係者はTVリポートに「珍島客船沈没事故が発生した中でインタビューを進行するのは
無理があると判断した。放送カムバック日程と面接日を再調整している」と伝えた。

当初EXOは18日KBS2'ミュージックバンク'で初カムバック舞台を持つ予定だった。しかし、'ミュージックバンク'
欠放が確定してカムバック舞台は後に延ばされることになった。

一方、16日午前9時ごろ、全羅南道珍島郡の近くの海上で清海海運所属の客船セウォル号が沈没する事故が
発生した。計459人が搭乗した客船セウォル号は仁川から出発して済州島に向かっていた。乗客のほとんどは、
修学旅行に出た高校2年生の生徒と教師300人余りで午後9時の基準沈没死者合計5人が確認された。




自動翻訳を利用しています。




今のところミューバンも放送休止(Mカも)、音中とインガは休止するか検討中だそうです。
今日の地上波3社はドラマの放送も休止、明日カムバ曲の音源をリリース予定だったBlock Bは発売を延期。
ファンミを予定していたA Pinkも中止(延期?)、今日BoAの映画公開のイベントを予定していたみたいだけど
これも中止になったみたいね。
EXOも参加予定だったそうで、ファンたちは集まってたけど・・・。
EXOのカムバも来週にずれそうだね。MVも公開されないし。

今回の事故、同じ年頃の娘がいるのでショックでショックで。
1人でも多くの人が助かるよう祈ってます。



EXOの話に戻りますが、単コンのチケット、1分47秒で売り切れたとか。
チケット練習ゲームとかいうのがあっていかに素早くクリックしてチケットをゲットするかという
シュミレーションゲームもあったらしい。




nice!(0)  コメント(2) 

『EXO is Coming④初めに生命の木があった』 [EXO]



izeの記事


生命の木、赤いオーラ、二つに分かれた世界。EXOの世界観を説明するキーワードは一瞬聞けばファンタジー小説や
RPGのゲームの設定集に出てくるような単語だが、EXOの誕生説話を説明するミュージックビデオに出てくる
言葉である。例えば、初めに生命の木があり、赤いオーラから命の木を守るために12個の力を2つに分けて
隠したという式である。風変わりで恥ずかしいということもできるが、EXOはこのようなストーリーを介して他の
アイドルグループとは異なり、事前に作られたファンタジーでグループのキャラクターと仮想の履歴を作った。
このような設定とストーリーはEXOが二つに分かれて活動する名分を提供してくれるのはもちろん、EXOならではの
世界観を作り、ファンの二次創作を誘導した。だから'ize'はファンでなければ複雑な、または不合理にのみ
見ることができるEXOの世界観を一目でまとめてみた。SMエンターテイメントが12人組のグループを二つに
分けて活動させる過程をどのようにファンタジーとして実現したのか確認することができるだろう。



2014041319457299841_11.jpg
2014041319457299841_1.jpg




自動翻訳を利用しています。





最後の④は短かった。。。


このペアカードは合ってるのかしら。


センター組、マンネ組、ラップ組はわかるけど、、、あとはテキトー?
チェンベクの京畿道ラインの方がペアっぽい^^










nice!(0)  コメント(0) 

『EXO is Coming③EXO Planning』 [EXO]



izeの記事


宇宙から来たアイドル。SMエンターテイメント(以下SM)が製作したグループEXOのデビュー過程はかなり
風変わりに見える。6人ずつ二つに分かれて韓国と中国で同時に活動する方法や、メンバーたちが皆超能力を
持っているという設定はなおさらそうだ。しかし、ひと皮むいてみるとここにはSMがアイドルグループを作る
過程がまるで濃縮したエキスのように集約されている。例えば、EXOのファンタジー的な設定は彼らの活動の
方法と発表する曲にそのまま続いて、これは他の見かたをすれば中国の活動のためにグループを2つに
分けたという現実の中EXOの活動のための名分になる形だ。だからSMがEXOを通じて見せるアイドルグループの
企画方法についてノウハウを分析した。いわゆる、「EXO Planning」である。


2014041319477225324_1.jpg


1.Concept
メンバー12人をグループ2つに分けて韓国(K)と中国(M)で活動することは他の会社でも考えることができるかも
しれない。しかし、SMは彼らが二つで活動する産業的な理由にストーリーテリングを加えた。EXOは元々は
一つだったが、二つに無理矢理分けられた双子であり、12人の伝説というストーリーは両チームがそれぞれの
活動をすることを似合うように作り、「狼と美女」や「ウルロン」のように一緒に集まる活動自体をイベントにした。
特にこれらが別の世界でお互いを認識しないという設定は、KとMが同じ曲で活動することを当たり前にした。
良いタイトル曲が出てくるのが容易ではない現実で、最も経済的でありながら、むしろファンに想像の余地を
残した戦略である。


2.Member
双子のような存在が集まったチームだからキャスティングも「ペア」ということができる程メンバーは6人ずつ、
それぞれが2つの場所で同時に同じ曲を歌っても違和感がないように構成した。EXO-Kに背の高いラッパー
チャニョルがいるなら、EXO-Mにもやっぱり背の高いラッパークリスが、踊りをよく踊るメンバーカイとレイが
それぞれEXO-K、EXO-Mにいる形だ。EXO-Mが好きならポジションの構成比率から体格条件とイメージまで
似ているEXO-Kも簡単に好きになることができ、2つ合わさった時さらに熱狂することができるキャスティングをしたのだ。


3.Character
普通のアイドルグループは芸能、ドラマなどの個人的な活動を通して各自のキャラクターを作っていく。しかし、
EXOはデビュー100日前からティーザー23個を順番に公開した。最初のティーザーで華麗にダンスを踊っていた
カイが最後のティーザーでもダンスをしながら他のメンバーたちを覚醒させ、タオが武術を披露するなどメンバーたちは
まるでスーパーヒーロー物やファンタジーの中のキャラクターのように紹介される。このプロセスを通じてEXOは
他の活動なしにSMが作った設定だけでも一定の叙事と特徴を与えられて、顔と名前だけでなくそれぞれの特徴も
設定された超能力まで知らせることができた。


4.marketing
EXO-K、EXO-Mはそれぞれ韓国と中国で「MAMA」で同じ時間にデビューするほど中国市場に多くの精魂を
込めた。それほどEXOは開始から市場を韓国と外国に分けずに韓国+中華圏で締めたし、活動も同じようにした。
だから、中国人が韓国で発表された曲を中国現地でリアルタイムに中国語で聞くことができた。既存のアイドル
グループが韓国である程度人気を博した後、海外で活動をすることになることとは全く別のアプローチであった。
その結果、EXOは中華圏で急速にファン層を育てて行き、その勢いに乗って日本にまで影響力を継続することが
できた。EXOはまだ日本に公式進出していなかったが、先日日本の東京、埼玉スーパーアリーナで大規模な
ファンミーティングを開いた。


5.Storytelling
EXOはデビュー当時から今までストーリーテリングを活動に溶かす。12人が集まって作った最初の曲「狼と美女」
の舞台では、EXOの重要な設定である「生命の木」をメンバーたちが直接作ったし、「ウルロン」でも一見すると
一般的な少年の姿を演出するようだが、歌詞などを使ってEXOの伝説と連携されるオオカミの画像を溶かし出す。
また、「狼と美女」と「ウルロン」にはすべてのメンバーの超能力などを示すドラマタイズバージョンを作成しEXOの
設定が続くことを着実に示す。「12月の奇跡」の歌詞には「超能力」という言葉が入って、ミュージックビデオでも
時間を逆に回す設定が含まれている。ただティーザーだけでなく、ダンスやミュージックビデオ、歌詞まで一つの
世界観の中で作っていってコアなファンたちの興味を引き出すだろう。


6.Uniform
「ウルロン」でメンバーたちが着た制服はただ舞台衣装というよりも一種のコスチューム、またはEXOが彼らの
舞台をしっかりと見せるためのユニフォームに相違なかった。EXOは舞台で制服を着て踊り、ドラマタイズ
ミュージックビデオでは学生の話を見せてくれたし、「ウルロン」が入ったリパッケージアルバムは、カバーから
写真まですべて10代の学生の感じが出るように企画された。乱れた制服を着て出てきた彼らのパフォーマンスは、
一人の女性を置いて戦う歌詞、体育の時間や放課後後の章でチャプターを分けた正規アルバムの構成など
ディテールな要素が加わってファンにEXOバージョンの学園ファンタジーをプレゼントした。文字通り「お好み狙撃」。
その始まりは彼らが着る服だ。


7.Dance
'ウルロン'のミュージックビデオは一度も編集せずに行われるワンテイク方式で撮影され、EXOが踊るダンスは、
さまざまなテクニックが必要なアーバンヒップホップだった。きちんと消化し ​​にくい二つのテクニックが「ウルロン」の
中でなめらかに合わさって、EXOは他のアイドルグループと差別化された画像を持つことができた。また、二つの
チームに分かれてEXOがお互いの帽子を奪って手振りでアングルを動かす過程で、チームの設定はもう一度
明確にあらわれ、12人のメンバー全員短いが強烈な印象を残すことができた。1曲の舞台のためにパフォーマンスに
カメラワークを加えてキャラクター、コンセプト、ストーリーすべて入れて出す方法だった。


8.supernatural Powers
EXOは「12月の奇跡」で3人のユニットで活動した。他の見方をすれば突然の可能性なことでもあるだろうが、
SMはこれをEXOの設定の中の1つである超能力で説明する。歌詞には「このつまらない超能力が今はなかったら
いいのに」などが登場し、ミュージックビデオではタオが時間を戻す超能力を使う。また、ミュージックビデオで
EXOの世界観と関連がある月食が登場してEXOのストーリーテリングが続くという点を知らせ、メンバーがこれを
眺める場面を通じてEXOが再びK、Mに分かれて活動する旨のメッセージを送信する。産業的に見ると「ウルロン」の
ヒット以来人気を継続する行為と言うこともできたが、超能力という設定を使ってこれEXOのストーリーテリングの
中に入れることができた。


9.Reality Show
外界惑星にあった12人の伝説が記憶を失って地面まできた。いたずらのようでうごめく距離の設定もあるが、
EXOはこの設定に基づいてMBCエブリワン「EXO'sショータイム」で自分たちの日常を公開することができた。
EXO特有の設定を引き継ぎつつも、EXOの実際の姿にファンたちの関心を満たしたのだ。また、ショーの内容も
メンバー同士の運動をしたり一人で映画を見に行くなど、ファンに見せたい舞台外の様子をあらわして、むしろ
彼らのファンタジーを加えることができた。ファンタジーの世界にいたアイドルが徐々に現実の世界に出てくる方法だ。
現在EXOは新しいリアリティショーの放送を控えていることが分かった。


10.Personality
「ウルロン」の大ヒットでEXOは最も注目されるアイドルになった。しかし、メンバーの一人一人はまだ自分たちの
姿を大衆に多く露出しておらず、「ウルロン」の後も今の反響を継続できるかは未知数である状態だ。他の
グループとは異なり、彼らは最高の人気を得た後になって彼らの歴史を示して積み重ねていく立場である。
そして興味深いことにEXOの新曲「中毒」のティーザーは独特の雰囲気を醸し出す一人一人のオーラを強調する。
今までEXOがSMの企画をよく遂行して成功した結果を引き出したなら、これからはその中でチームとメンバー
一人一人の存在感を表わさなければならい時点だ。彼らは今何を見せてくれるだろうか。そして、SMはこの
領域まで彼らの企画力でEXOをサポートすることができるだろうか。






自動翻訳を利用しています。







nice!(0)  コメント(0) 

『EXO is Coming②イ·ソンス“企画がアーティストよりも強く保ち続けることはできない”』 [EXO]



izeの記事


12人組グループEXOはデビュー当時から韓国での活動をしているEXO-Kと中国活動をしているEXO-Mに
分かれたし、彼らが二つに分かれたところにはまるでファンタジー小説に出てくるような設定が理由で付けられた。
デビュー前23のティーザーを発表してメンバーたちの設定とキャラクターを見せ、デビュー後にもメンバーたちが
超能力を使ったりという設定がそのまま歌につながった。実際のアイドルが活動するということを除けばEXOは
SMエンターテイメント(以下SM)が作り上げた一つの世界観の主人公だ。EXOは企画力で有名なSMでも特に
会社の企画が際立って見えるしかないのだ。オオカミ、制服、ワンテイク撮影、ミュージカルのような振付など、
多くの要素が結集された「狼と美女」と「ウルロン」はその頂点であったと言える。この数々の企画は今のEXOを
どのように導いたのだろうか。そして、「ウルロン」以降のEXOはどのような歩みを見せてくれるか。SMの
イ·ソンスA&R(Artists and Repertoire)室長に聞いた。



「ウルロン」以来、「12月の奇跡」に続き、再び新曲 「中毒」を発表する。かなり早い呼吸だ
イ·ソンス : 昨年「オオカミと美女」を発表する前に空白がかなりあったが、その後にすぐに出てきてはいる。
引き抜こうとするのではなく、すべてのチームが勢いに乗ったときに正しく行く方法だ。

「ウルロン」が入ったEXOのリパッケージアルバムが100万枚以上が売れた。それに続く新曲という点で、
本当に関心の対象になったが、どんな気持ちなのか
イ·ソンス : まだ私SMに入る前、つまり高校2年生の時だった(笑)当時HOTが「キャンディ」で絶大な人気を
得た。それはおそらくファンが最も多く待っていたことだ。若干それと似たような気分だ(笑)しかし、より多くの
人気を得ることの前に、会社全体が何が新しいものなのか悩む。新曲についての詳細は言えないが、今、韓国で
流行っているスタイルとは全然違う。歌が良い、悪いではなく、新しくて良くてこそ本当にヒットできる。

現在EXOの方向に多くの悩みがいなかったか
イ·ソンス : 「ウルロン」が成功し、EXOはスターになったが、今は大衆にメンバーが見える時点だ。HOTの場合
「キャンディ」の後に登場した曲が「狼と羊」だった。その時メンバー1人1人により深い魅力を与え、アクセサリーで
ポイントを与えてキャラクターが見えたが、EXOがそのような時点であるようだ。イ·スマン先生が今の状況で
EXOのベストは何だったのか悩まれたし、我々はそれを正しく反映するように努力した。結果的に「今回は
ファン層を集めよう」のような式の意図ではなく、今最も素敵な姿を見せることになったと思う。複数の方向の
選択があるが、最終的に最も重要なのは良い曲が入ってくるかで帰結されると。

その良い曲をEXO-KとEXO-Mで分けて歌うことにどのような利点があるといえるか
イ·ソンス : イ·スマン先生が10年前から中国市場の重要性について言われた。といって中国のメンバーだけ
キャスティングしてそのまま中国に出すのはむしろ簡単なことではない。そうした点で同時に活動できるEXOは良い点がある。

それほどEXOはSMの中でも会社の企画力が最も多く見られるチームだ
イ·ソンス : EXOは企画が多く反映されたチームの勝利である。どう ​​しても12人を2チームに分けて活動
させると。メンバーの数が多く、様々な方法の活動も可能で。12人だが、半分に分割されたという企画でスタート
してみると新たな企画を続けて構成することができる。「12月の奇跡」はチームのヴォーカリストたちどうし集まって
歌を歌って、今回はKとMに分けて歌うように。

このような企画はどのように始めることになったのか
イ·ソンス : 実際にEXOの名前や活動方式、EXOのストーリーはすべてイ·スマン先生のアイデアだ。
イ·スマン先生がこのように二つのチームで一緒に分けて活動するチームを作るべきだとした。この根底には、
中国活動に対する考えがあった。KとMが同時に韓·中を攻略したときに、中国をはじめとした全中華圏で
影響力が同時に広がることがあるから。だから、双子のグループが誕生することができた。同時に両方を
攻略すれば1 +1が2ではなく10になることがあるから。日本埼玉スーパーアリーナでファンミーティングをしたが、
日本に行ってもいないのにすでに関心が素晴らしかった。アジアどこでもこの戦略が成功したのだ。


チームを企画するにあたり、EXOに仮想のストーリーを付与したことはどのような効果があったか
EXOは開始から現在までずっと仮想のストーリーを継続する
イ·ソンス : 例えば「ハリー·ポッター」のような作品を見たとき、ファンはハリー·ポッターやハーマイオニーの
ようなキャラクターを好きなこともある。しかし、根本的には小説を読む面白味に従っていくのだ。その点で
ストーリーを作って、ファンたちが一緒に行くとどうだろうと思った。だからデビューさせる前から多くのことを
考慮した。EXO'MAMA'ティーザー中、最初に公開されたのを見るとナレーションで天と地との二分法を入れたし、
双子がお互いに会うことができず、別の時空間に存在する二つの他の子供たちが惑星が一列になると、
お互いに会って新しい世界が開かれて。この設定が「ウルロン」や「12月の奇跡」までずっと続いている。

このようなストーリーが活動にどのような影響を与えるようになるか
イ·ソンス : 面白い。このチームは基本的な企画と一緒にストーリーラインがあるからそれが制約になるかも
しれないが見せることができるものも多い。「12月の奇跡」も全く別の愛の物語なのに文脈では別のエピソードに
なって、密かにそのような要素を入れた。それから再び本編に戻って。ストーリーの中で様々な試みが可能だ。
自然に新しい形の活動を企画することもでき、逆に多くの活動をどのようにストーリーに組み込むことができるか
悩んだりもする。

そのためかEXOに対する反応はちょっと独特だ。舞台には全く上がらない状態でも関心が大きくなり、
「MAMA」以降、個人的な活動を多様にしたこともないのに「狼と美女」が出てくる瞬間人気が急上昇した
イ·ソンス : デビュー前に100日間見せた23個のティーザーと'MAMA'を示す企画が的中したようだ。そのような
ものがなければ容易ではなかったのだ。そのようなものでEXOについて確実に刻印させたのだから。刻印が
されたというのは初めに好きでも後で好きになっても、目につく瞬間すでに強い印象を受けたということだ。
実際にはティーザーを作るのは本当に大変だった(笑)ティーザーごとにストーリーも合わせて直接映像を
撮ったりしたわけではないが、音楽や振り付けまで事実上23個の曲を進行することであったから。

こんな企画が実際に舞台に適用されるときは容易ではないようだ
12人が集まったときに似た性格のメンバー一組ずつ、同じ曲を歌うことになるのではないか
イ·ソンス : 12名の場合は長所と短所がある。利点は良いボーカルとラッパーが増える。あえてパートを
たくさん分けて良いわけではないし、1人が4回歌うことを2回ずつ歌って長さは全く同じだが、良い人が歌えば
良い結果が出ることがある。そして、KとMに分かれていてもコーラスをお互いが歌う。EXOは外部コーラスを
できるだけ使わないで彼らの声だけで歌を引っ張っていく。ただし、大変なのは言語だ。12人が一緒に歌うと
韓国語と中国語を混ぜて歌うことはできない。そこで発音がお互いに違和感がないようにするが、これは本当に
難しい。実際にメンバーが二倍以上の努力をしなければならない。むしろ韓国のメンバーが団体で中国の歌を
歌ったりすると、それは中国のファンの方々は理解してくれるだろうが、中国語でよく歌って韓国のメンバーが
歌った時変だとインスピレーションがなくなるから。それは本当に大変だったが、メンバーが上手だった。

それだけデビュー前から特に多くの準備をしたようだ
イ·ソンス : 準備期間も長かったし、お互いに分けてのデビューということを知って言語は気を使った。最近では
中国メンバーが韓国語をする時、中国の人ではないという気がするほどだ。発音は完璧でなくても感じは
不自然ではない。言語を専門としている友人でもないのにここまできたのは全く別の次元の努力をしている
ということだ。東方神起が日本でやっているように。残った時間すべて費やして言語の勉強をした結果であるようだ。


舞台の面ではどうなのか
「ウルロン」はアーバンヒップホップベースのダンスを踊ったりもしたし、舞台演出の面でも他チームと違う感じだ
イ·ソンス : SMの練習生たちはすでにすべてのスタイルのダンスをみな踊る。アーバンヒップホップをまともに
踊れなければ「ウルロン」のような曲を洗練されるようにできないから。トレンドは変化し続けており、それを
どのようにSM化するか、または反映しないようにするかを考え続けている。アーティストたちはそれにあわせて
準備ができていなければならず、そのために絶えず努力しなければならない。SMでは努力をしないということ
自体が「あの子はなぜなんだろう?」やりたいことだから。常識を外れることだ。それがSMの強みになるようだ。
だから、SMのアイドルは練習を通して作られるが、練習を通じて音楽やダンスが上手なのはむしろ点数を
与えなければならないことではないだろうか。

その点でEXOはデビュー1年後に「狼と美女」で帰ってきたのが印象的だった
突然12人がミュージカルのような舞台を見せてくれたから
チームの力量が非常に高くなっていた
イ·ソンス : 練習生の時とデビューする時では音楽と踊りを習得するための基準が完全に違ってくる。習得する
時間も違う。ある瞬間急に発展するのだ。シャイニーもテミンがグループの可愛い末っ子だが、ある瞬間
信じられないほど発展したが、EXOも同じだ。EXOは「MAMA」以降、「狼と美女」と「ウルロン」を一緒に準備
しながら、1年近くの時間を費やしたが、その時二曲を本当にたくさん練習した。その後、実力がパッと増えたようだ。
だから、今回の活動ではメンバーたちが舞台の上でより自由に遊ぶ姿を見せることができるようになった。
準備期間は短かったが、すでにそのようなものをすぐに吸収し消化する力が生じたのだ。

SMもEXOを活動させながら、新たな力を得たのではないか
これでグループの本格的なストーリーテリングが可能になった
活動方法や舞台も以前と違うことを行うことができようになった
イ·ソンス : イ·スマン先生がよく言う言葉だが、ぴったり半分先んじろということだ。今のトレンドは何なのか
知っている状況で、半分先に進むことが何なのか考えてするようにいけば、そのようにしていつも企画を成功
させてこられた。だから、私たちもどのように半梁に先んじて、別の方法を作ることができるか悩むことになる。
そして、EXOを通じて企画が良いことも重要だが、その企画下に出てきたコンテンツが良ければ、最終的に
意図が非常にうまく収まることができるということを知ることになった。そのような部分が現在準備中のルーキーズにも
多くの助けになるようだ。

それほどSMの企画力は大衆も感じることができるほどSMを代表する力になった
だから、EXOの場合はチームよりも会社の企画力が先に見えるという評価もある
イ·ソンス : SMの企画力は大衆に信頼を与えることができる一つのブランドだと思う。SMで着実に見せる
企画力を介してファンが新たにデビューするチームに期待することができるようにするのは良いことだと思う。
チームは違ってもファンが期待するものを共通して見せることができるのだ。しかし、企画がアーティストよりも
強く保ち続けることはできない。もしEXOが「ウルロン」をその程度で消化し ​​なかった場合、今の反応は不可能
だっただろう。そして、その人気のためにEXOはまた別の道を行くことができるようになった。会社が多くの
ノウハウを持つようになり、それをコンテンツにするために活用することができるが、今は本当に多くの道が
開かれているグループであるようだ。何も決まっていないが何でもできそうだ。





自動翻訳を利用しています。





イ・ソンス室長のインタビューはいつも面白い!






nice!(0)  コメント(4) 

EXO FROM. EXOPLANET #1 -THE LOST PLANET プロモ映像 [EXO]




cr:SMTOWN



4.jpg


これはまさに地球外生命体!








昨日のカムバックショーを伝えるSBSのニュース映像

cr:나비누나


アナウンサーの人もステキ。

MVは何時公開なんだろう、早く見たい。



20140416000368_0.jpg

20140416000369_0.jpg

20140416000370_0.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

『EXO is Coming①EXO、自ら使う歴史の試験台』 [EXO]



マネートゥデイの記事


2014041320167226732_1.jpg


明らかにSMエンターテイメント(以下SM)の勝利だった。昨年、韓国での活動ユニットであるEXO-K、中国活動
ユニットであるEXO-Mが全てそろった12人のEXOは、シングル「ウルロン」で市場を事実上「オールキル」した。
音源市場「オールキル」というありふれた操作を質素にし、韓国で12年ぶりにアルバム100万枚売れたという
目に見える数値だけではない。ご先祖様であるHOTと神話から繰り返してきたSM特有の群舞は12人が完全に
和を合わせるワンテイクミュージックビデオを通じて一段階アップグレードされ、制服を着たハンサムな子供達は
「花より男子」の時代から続いてきた学園ファンタジーを現実に実現した。メガヒットシングルと好みを狙撃する
コンセプトと、それを実装する完璧な実力のトライアングル。抜け穴を残しておかないこの細かい網目に既存の
アイドルファン層と一般大衆の両方が熱狂し、SMの優れた企画力が再び目立った。


それならこれはSMの敗北だろうか。15日カムバックショーを控えたEXOの新曲「中毒」の音源と振り付け、
パフォーマンスが含まれている映像が10日流出して、新曲への期待感と神秘感が一段落したことは。単に
セキュリティの問題ではない。先に述べたように、EXOは2013年を自身の年にしたが、これは徹底的にSMの
企画を通したものだった。したがって、今回のカムバックショーはそのクオリティと方向に応じて、多数の分岐の
結果につながるほかなかった。もう一度SMの緻密な企画が勝つか、外れるか、外れてもEXOというチームの
底力で勝ち抜くか、よく作られた企画型アイドルであったことを認めたり、認めてもファンが熱狂したり、冷遇したり。
期待と憂慮が両極端で引っぱるこの緊張感こそが、今回のカムバックショーが注目を浴びる理由だった。
その張りの一方の端が切り取られたような状況は、会社の完璧に近い計画でも制御できないことがあることを
示している。そして多分これこそ今回のカムバックの成功の有無とは別に、EXOが持つ独特のポジションとの
ジレンマを最もよく表している事例かもしれない。


ミュージシャンの個性を溶かすのに集中するYGエンターテイメントに比べて、SMアイドルの会社の企画力と
影響がより顕著に表れるのは昨日今日のことではない。それでもEXOはもっと極端であることができないほど
極端であった。韓国と中国の同時攻略を目指して12人のメンバーを選んで2つのユニットに分けた後、ここに
ストーリーテリングまで付与した。デビュー初めから話題になったメンバー別の超能力設定とEXO-K、EXO-M
ユニットを説明するための平行世界概念はアイドル文化に精通しているファン層の中でも縮むという反応を
得るほど遠く出て行った。しかし、このように公式設定に明文化された世界観は、会社が直接書いた公式
ファンフィクションとも思えた。アイドルの成長過程でファン層内部のファンフィクションは、各メンバーのイメージを
消費すると同時に生成する役割を果たした。SMはEXOを使用してキャラクターとチームの歴史が積もる
過程でさえ会社の企画で代替する実験を行った。2度目のプロローグシングル「History」は、公式設定の中、
彼らは「英雄」や「超能力者」ではない「伝説」と表現されているのは偶然で見るのは難しい。


もしこれらの「ネタ」がなかったとしても「ウルロン」という曲と振り付け、ミュージックビデオは成功しただろう。
ただし、デビュー前から蓄積されたメンバー別ティーザー映像とEXO-KとEXO-Mの活動で少しずつ露出させた
世界観の設定で「ウルロン」は、空から大きく落ちた新人のそれではない、初めて完全体に溜まったEXOの
力を示す叙事的事件になることがあった。舞台動線に合わせたワンテイクカメラワークの中で完璧な群舞に
和を合わせる彼らは外惑星(Exoplanet)から来た12人のト・ミンジュンだったし、ミュージックビデオは、その
超能力の発現とも思えた。多くのアイドルたちが、さらにSMのアイドルでさえ、デビュー当初の、あるいは
デビュー直前にリアリティショーを通じて大衆に親しまれなければならないのとは異なり、EXOは「ウルロン」の
成功後でもMBCエブリワン「EXO'sショータイム」を撮ったのは、ただSMの自信と見るのは難しい。「ウルロン」の
前は公式設定と違うメンバーたちの素顔を見せるべきでなかったというのがより正確である。


そして興味深いことに、流出した練習映像で彼らはフルメイクや舞台衣装ではなく、より多くの生の姿を見せる。
既存のコンセプトの延長線上で皆既月食の日付まで合わせてカムバックショーを捉えたが、完璧に見えたSMの
計画とEXOの世界観に亀裂が起きたのだ。偶然かもしれないが、その亀裂の間でEXOは徹底的に準備された
計画を完全に実行するマリオネットより一人一人の個性と魅力を披露するパフォーマーにさらに近く見える。
ただし、最終版ではないが「ウルロン」に比べてより暗くあまりポップな雰囲気でない新曲「中毒」とはるかに
複雑になった振り付けのパターンで、ファン層と大衆の両方を満足させるよりファン層とEXOというチームの
印象をより深く刻印する試みが感じられる。それでもしかしたら今回のカムバックショーは本来そうであったよりも
もっとEXOに、そしてSMに重要な分岐点になるかも知れない。


SMはEXOを介して多数の人員を利用したナイフのような群舞とファンフィクション文化、海外ユニット、リアリティ
ショーなど、すでに検証された方法論を一つのコンセプトの中に収束する実験を成功させた。今重要なのは、
この方式がどのように持続可能な形態につながるかだ。そしてカムバックという定数と映像流出という変数が
加わり、そのキーは思ったより早く当事者であるEXOに越えてきた。良い企画 ​​を作る会社は多くないし、それを
完璧に消化するチームも珍しいが、よく整った企画を超えてスターとしての独自のオーラを作り出すチームは
本当に珍しい。幼い時から戦略的に育成してみても、最初は歌手ではなく商品という話を聞かなければならなかったが、
現在彼らは音楽市場の流れを変えた伝説に残った。さすがにEXOも彼ら自身が言うように伝説になって、過去の
伝説と肩を並べることができるだろうか。チームの未来と市場の流れを分ける狭い門の前に彼らは立っている。





自動翻訳を利用しています。





なんか途中からよくわからなくなってきた、この記事・・・

①から④まであるので②以降がおもしろそうな記事だといいんだけど。
②は企画室長のインタビューなのでちょっと期待。
また後ほど。





nice!(0)  コメント(0) 

『EXO、新曲'中毒'振り付け名称は"愛の過剰摂取ダンス"』 [EXO]



UPNEWSの記事


無題.png


EXOが'中毒'の振り付けのポイントを説明した。

今日(15日)、ソウル蚕室室内体育館でEXO2枚目ミニアルバム'中毒(Overdose)'発売記念'EXOカムバック
ショー'が開かれた。

この日の現場ではタイトル曲'中毒'と収録曲'Run'、昨年のヒット曲'ウルロン'、'狼と美女'、'MAMA'の舞台を
広げた。舞台を終えた後、EXOメンバーカイとレイは2枚目ミニアルバムタイトル曲'中毒'のポイント振り付けを
説明し、直接振付動作を行った。

リーダーのスホは今回の振り付けを別名「愛の過剰摂取ダンス」と称して「愛を食べて力を出す意味を込めた」
と説明した。

ベクヒョンは「ファンの皆さんにもっと素敵な姿を見せるために忙しい時間を割いて努力した」とし、「振り付けの
導入部分でディオが横になって、メンバーがその上で形を合わせるのに非常に苦労した。難しい動作だが、
合わせながら、チームワークも良くなったようだ」と付け加えた。

EXO2枚目ミニアルバム'中毒'には同名のタイトル曲'中毒'をはじめ’열광’、'Thunder'、'Run'、'Love Love Love'
まで新曲6曲が収録された。さらにThe UnderdogsとKenzie、国内外の有名ヒットメーカーが参加してアルバムの
完成度を一層高めた。

タイトル曲'中毒'はヒップホップとR&Bをベースにしたアーバンな感じのダンス曲で致命的な愛に陥って中毒に
なった人の話を比喩的に描いた。

EXO-KとEXO-Mに分かれて活動を続けていくだけにアルバムも韓国語と中国語版で同時発売される。
EXO-Kは18日KBS2「ミュージックバンク」で初めてのカムバック舞台を繰り広げる。EXO-Mは、19日、中国の
カムバック記者会見に続いて音楽番組CCTV「全球中文音榜上榜」で初めての舞台を繰り広げる。






自動翻訳を利用しています。




スタンディングエリアがEXO登場で前に押し寄せて危険な状態だったとか。
このままでは中止になる・・・と注意を促してたらしい。

失神者も数人いて係員にかつがれてた。



無題2.png

2014041504308_0.jpg





このFancam、全体が見れる!かっこいい!!!


cr:Xo my bro








4月11日付けかな、日経MJ(マーケティングジャーナル)の記事内にEXOが!

職場で閲覧用の新聞の中から発見。

IMG_20140415_0002.jpg





nice!(0)  コメント(4)