So-net無料ブログ作成
検索選択

テティソ 140918 M! Countdown Comeback Stage [少女時代]




Adrenaline

cr:bestiz 베스티즈


Holler

cr:bestiz 베스티즈



なんだかんだでやっぱり気になるテティソのカムバw
(ベクが鼻の下伸ばして見てるかと思うとそれはそれでイラつくけど笑)


上のアドレナリンがタイトル曲でもいいぐらい。

Hollerのソヒョンはなんでブルース・リーみたいな衣装、、、そこだけが解せない(笑)

テヨンは前髪がヘン。あれ流行ってるの?







nice!(1)  コメント(18) 

テティソ “Holler”MV teaser公開 [少女時代]




cr:SMTOWN



今週のMカから活動スタートだって。
正直あまり見たくない。
ティファニーとニックンはすごく可愛いカップルに見えるのに・・・。

そういえばソヒョンとルハンってなんでウワサになったんだっけ。








人気ある間に解散するかともちょっと思ったりしてたけど・・・まだまだ日本でも稼げるからね。

『少女時代、SMと3年間の契約延長“個別相違条件"』

一括契約を結んでいた新人の時とは違って、個別に異なる条件で契約を締結。
今後3年間SMの所属歌手として少女時代の活動を継続するためには全く問題がないとのこと。





TEENTOPもMVを公開してた

“쉽지않아(簡単ではない)”

cr:1theK (former LOEN MUSIC)




2PMは“Go Crazy”日本語ver.も公開
“ミダレテミナ(Party ver.)”

cr:2PM Japan Official YouTube Channel



同日リリースなんだっけ、PMとてぃんたぷ。
てぃんたぷ応援しちゃう。





nice!(0)  コメント(11) 

『少女時代-2NE1-T-ara、2014上半期ガールズグループ収入序列』 [少女時代]



NEWSKOREAの記事


フォーブスコリア集計2014年上半期K-POPガールグループの収入序列順位は、少女時代が米2830万ドルで
1位を占めた。

少女時代は東京、福岡、広島など17回のコンサートを通じ多くの収入を稼いだと集計されて、すぐ後に続いて
2NE1とティアラがそれぞれ2630万ドルと2300万ドルで2〜3位を占めた。


上位3ガールグループすべて海外でのツアーやイベントをベースに、200億以上の売上を上げたことが示され、
現在のK-POPグループの主な収入源は日本ツアーであることがもう一度確認され、ボーイズグループの場合でも
Super JuniorとBIGBANGがそれぞれ3000万ドルと2700万ドルでトップランクのガールズグループとは大きな
違いがなかった。


国内で旋風というEXOはボーイズグループの中で6位にランクされており、2PM、BEAST、SHINee、東方神起などが
10位圏に名前を上げた。





自動翻訳を利用しています。





日本でコンサートツアーをやってグッズ売って・・・いかに儲かるかってことね。。。

ついでにCDやDVDは3形態購入すれば何かに応募できるとか、韓国じゃタダなのに。





nice!(0)  コメント(0) 

『心痛に耐え幻想を歩いて...ありのままのテヨンを愛することができますか』 [少女時代]



ハンギョレ新聞
[土曜版]이승한의 술탄 오브 더 티브이の記事


大騒ぎだ。いや、大騒ぎでもない。少女時代のリーダーテヨンとEXOのメンバーべクヒョンが恋愛中というニュースが
伝えられてから、インターネットには波乱が一度に押し寄せた。見かけには一旦静かになったようだが、水面下では
まだ多くのファンたちが背信に体を震わせている。事態を遠くから見守る人々は「アイドルが恋愛することぐらいで
何でそう苦しむのか。その人が君と付き合っていたわけでもないのに」と言うかも分からないが、一皮剥いてみると、
事態はもう少し複雑である。EXOの女性ファンたちがテヨンに憤慨したり、少女時代の男性ファンがベクヒョンに
怒るということが問題ではなく、少女時代の女性ファンたちがテヨンに憤慨することが最も規模が大きな問題だからだ。
確かに今年の初めから溢れ出た少女時代の私の他のメンバーたちの熱愛説の時とはファン層内の空気が少し違う。


EXOメンバーべクヒョンと熱愛でにぎわす
少女時代ファンの怒りが大きい理由は
テヨンがSNSでファンたちを慰めたと同時に
恋人と暗号をやりとりして
「アイドルファンタジー」という契と暗約関係をやぶったせい


'完璧でない人間'としてテヨンを抱きしめてファンとして残るのは個人の選択だろうが、そんな愛も可能ではないか

'一体テヨンの恋愛にだけ冷静なのはなぜか'という質問に対するファンたちの答えはこうだ。「他のメンバーたちが
恋愛をするという記事が炸裂してファンがザワザワしているとき、テヨンは自分のSNSを介して落ち込んだファンたちを
慰めてきた。その時も、すでにテヨンは恋愛をしていた状態で、ファンたちもまた彼女が恋人と秘密の暗号を
使用してSNSでお互いの心を表現していたことに気づいていた。九人のうち四人が恋愛をしている状態で、そこで
一人が恋愛をするとどのような大きな心痛があるか。メンバーたちも人であり20代半ばなのに、恋愛できなくて
困難に陥る理由はない。しかし、恋愛をするときもファンがプレゼントしたマグカップの写真を上げながら、そこに
恋人との暗号を隠したりする欺瞞はしてはならないのではないか。

言ってみれば、人々が言うように「擬似恋愛」が壊れたことが問題ではなく、ファンとアイドルの間の最低限の
信頼が壊れたというのが少女時代の女性ファンたちの怒りを買っている点であるわけだ。テヨン本人が出て
「SNSに上がってきた世間では二人の間の暗号とされる部分は)絶対そのような意図はなかったし、そのような
目的ではなかった」と釈明しても、一度傷心したファンたちの心が簡単に癒されないように見える。愛する人が
できた26歳の女性が、その愛を周囲に見つけられることはよくあることだ。誰でも犯す失敗で、我々は多くの場合、
そのような試行錯誤によって成長する。しかし、残念ながらそのように理解してもらうにはテヨンはあまり広く
知られており、あまりにも多くの人々から排他的な愛を受けていた人だったのだ。自然人としての「キム·テヨン」が
犯す失敗は、アイドルとしてファンとの契約関係を保たなければならない「少女時代のリーダーテヨンには
批判の理由になる。

正しい。私はちょうどそれを「契約関係」と話した。アイドル業界の本質的な原理を一文でまとめると「あなたに、
お金と時間と愛情を投資するから、あなたは私に簡単に壊れないファンタジーを与えて」だ。単純にダンスや歌で
受ける愛に限定すれば、アイドルが受ける排他的であり絶大な人気を説明することはできない。ファンたちは
歌や踊りなどの詳細な才能の魅力を購入するのではなく、彼らが着る服、彼らの外観、彼らの言葉や行動、
ダンス、歌などが集まって醸し出す総体としてのファンタジーを購入する。HOTのリーダーだったムン·ヒジュンは
過去ファンが自身に持っていた「神秘主義」のイメージを壊すことを避けるためトイレに行くことさえ我慢していた
というではないか。

もちろん、ファンとアイドルたちが完璧な存在だと思っているわけではない。アイドル産業の胎動期だったらまだしも、
最近のように社会関係網サービスが大衆化されリアリティープログラムがいっぱいに溢れる世の中では、適度に
傷があるのが魅力的に作動するものだ。ケチで有名なMBLAQのイ·ジュンや、白痴美を魅力的に打ち出した
シークレットのハン·ソンファ、笑うときに顔の輪郭が崩れる笑顔でファンにアピールするガールズデイのミナ、
整形手術と脈絡のないおしゃべり感が魅力的なZE:Aのグァンヒまで。ファンもアイドルが人なら当然持っている傷を
持っている人だと明らかにわかる。

その一方で、これだけは守ってもらいたいというファンタジーを持つようになる。例えば、重大な犯罪を犯さないように
願うとか、とにかくファンにだけにはいつも優しくて正直な人であることを望むとか。"お金と時間と愛情を投資"したので、
その程度のファンタジーを要求することは当然のことではないか。

しかし、考えてみればこのファンタジーの取引は実際にはほとんどの人間関係で作動する原理だ。友達関係、
先輩·後輩関係、師匠と弟子、父と息子。我々は尊敬したり、愛着を置いた存在に会えば、その対象に実際よりも
大きな幻想を投影する。相手からどこかにあるような理想郷を探したいのだ。「この人は完璧ではないかもしれないが、
それでもこのような点は失望させないだろう」と幻の最大値を妥協しながらだ。それから度々その幻想が壊れる
瞬間を目撃してイライラするのだ。生涯の師と感じた人が知ってみると、自分が経営する事業所では経営難を
理由に、従業員の賃金を一方的に削ろうとしたという事実を知った時、あるいは、いつもきちんとした仕事の処理で
すべての尊敬を受ける先輩が私席では人身攻撃的な発言を日常的に行う人であることに気づいたとき、私たちは、
相手にかけたファンタジーが凄惨に裏切られ幻滅を感じ選択の岐路に置かれる。この人は私の期待を無惨に
踏みにじったので愛を折るか、それともみすぼらしくなった相手でも、この人が欠陥のある人であることを直視し、
それも抱きしめるだろうか?

少女時代のファン層にも過去他のアイドルのファンだったが少女時代に越えてきた経験がある人々がいるので
よく知っている。永遠を話してたチームのメンバーが、実際には複雑な契約問題とお金の問題で意見の相違から
みすぼらしく解体するときの喪失感。相手が「完璧な人間」を望んでいたわけでもなく、ただわずかなファンタジーでも
満たしてくれることを望んでいた小さな期待が無残に裏切られるときの痛みの話しだ。その瞬間、私たちは
私たち自身に質問を投げるようになる。実際にはこの人を好きで集めてきたすべての写真データやビデオを
コンピュータのハードディスクから削除して、既に購入したフォトブックやアルバムを破棄しなければならないのか?
またはそれらのイライラを何とか理解して、この人をずっと好きでいても構わないか?傷を抱いて相手の限界を
認めながら?

私はこの記事では決してどちらがより成熟した形の愛だからどうしろと言いたいわけではない。人生は短く、
自分が納得できる方法でのみ愛するにも私たちはとても忙しい。対面する愛もそうならば、ましてアイドルだ。
ちょうどそのような式の愛も可能ではという話くらいはできるだろう。幻想を取り払い、みすぼらしい相手の姿を
直視したとき、それは考えていたよりもみずぼらしかったり醜いことを発見したとき、幻想を取り払い相手の
あるがままを愛することも可能だという話だ。誤解や不和、各自の個人的な活動と事件·事故が発生してようやく
戻ってきたgodを見て、改めて彼らをたくさん懐かしがるgodファンや、様々な事件·事故や深刻な不和を経験した後にも
再結成を語るメンバーだけ見つめるH.O.Tファンのように、相手が完全ではないことを認めた後でも愛は、人生は続く。
(私は今、アイドルファンの質だけの話をするわけではない。)

いつも何事にも熱心なココマリーダーになるのを望んでいたファンタジーがガシャン割れ、少女時代のファンたちが
思っていた公正な契約はすでに破れたかもしれない。そのファンタジーを取り払い、少女時代をもう一度眺めてみよう。
ただし、九人のうち五人は目下熱愛中でその中の一人の恋愛はあまり楽しくない方式で知られたが、それでも
少女時代は韓国内の他のガールズグループが簡単にできないパフォーマンスと歌を披露するなかなか良い
ガールズグループではないか?もちろん、心痛に耐えて少女時代のファンとして残るのか、それともハードドライブに
保存されたファイルを'シフト+デリート'で完全に削除するかの選択は誰も非難したり侵すことはできない完全な
あなたの権利だが。





自動翻訳を利用しています。





nice!(0)  コメント(0) 

『熱愛認めた少女時代テヨン'ブラック·アンド·ホワイト、オレオ空港ファッションで出国'』[追記あり] [少女時代]



NEWSENの記事


少女時代が日本コンサートのために6月26日午後金浦国際空港を通じて空港ファッションを披露して日本に出国した。

この日、少女時代のテヨンが出国している。テヨンは所属会社のEXOベクヒョンと4ヶ月目熱愛中だ。
SMエンターテイメント側は19日、「二人は親しい先後輩の間で過ごし、最近になって好感を持ち始めた段階」と
テヨンとベクヒョンの熱愛事実を公式に認めた。


201406261918312010_1.jpg


一方、少女時代は4月26日マリンメッセ福岡を皮切りに6月29日まで広島グリーンアリーナ、神戸ワールド記念ホール、
名古屋ガイシホール、大阪城ホール、さいたまスーパーアリーナで「JAPAN 3rd TOUR 2014」を進行する。




自動翻訳を利用しています。





すごいね、記事タイトルがオレオファッション(笑)





空港でファン見つけて話しかけて、申し訳なかったとファンのみんなに伝えて・・・とか言ったらしい。涙目で。約1分間。

1403787448265_1403787322549.jpg

1403778915904_1403778764343.jpg




nice!(0)  コメント(2) 

『'恋愛する少女時代'SMの風 静まらない2014年』 [少女時代]



wikitreeの記事


24日午後から25日までSNSを熱した'ホットイシュー'はダイナミックデュオチェジャが失くした財布だった。

チェジャの財布の中の写真には、今年21才のガールズグループf(x)のメンバーソルリがいた。これで今年の
「風が静まる日のないSMエンターテイメントの熱愛関連報道は9回目となった。

SMエンターテイメント所属芸能人らの2014年の熱愛説集めてみた。



1月1日、イ·スンギ- ユナの熱愛説(交際事実認定)
img_20140625170138_a57bc00b.jpg




1月3日、チョン·ギョンホ- スヨン(交際事実認定)
img_20140625170535_1c5f716c.jpg




1月29日、ジョンヒョン - イ・ユビ(交際否定)
img_20140625170714_6334e160.jpg




3月13日、ジェシカ - タイラー・クォン(交際否定)
img_20140625170952_1c26c780.jpg




4月4日、ティファニー -ニックン(交際事実認定)
img_20140625171317_9ea13af1.jpg




4月4日、ヒョヨン - 作家キム・ジュニョン決別(交際後、別れの調査結果)
img_20140625171420_53ca762c.jpg




4月11日、シンドン - モデルカン・シネ熱愛説(交際事実認定)
img_20140625171705_6b7c0d37.jpg




6月19日、テヨン - ペクヒョン熱愛説(交際事実認定)
img_20140625171911_04971e87.jpg




6月24日、チェジャ- ソルリ、昨年に続く2回目の熱愛説(公式の立場はありません)
img_20140625172146_4be08b56.jpg





自動翻訳を利用しています。




シンドンとかジョンヒョンのは忘れてた^^;

この中でやっぱり驚いたのはヒョヨンの警察沙汰(自殺未遂?)とベク・テヨン。

ソルリは最初に写真撮られた時点でアウト!
何故あれで認めないかの方がフシギ。
手つないで歩いてたのもそうだけど、前の日と同じ服ってもう否定のしようもないのに。


とにかくEXOは次がありませんように(´ー`;)





nice!(0)  コメント(4) 

『[緊急診断]少女時代は何故ブレーキがかからないのだろうか?』 [少女時代]



スポーツ朝鮮の記事


もう少女ではないが、ファンの心を波打つ。少女時代のリーダーであるテヨンの熱愛は、それ自体も驚きだが、
メガトン級の暴風を予告している。

名実共にSMエンターテイメント(以下SM)の代表の顔の少女時代。SMという組織化された企業の文化をよく
見せてくれたグループだ。2007年のデビュー以来、スキャンダルはなかったし、ノイズも一度もなかった。ところが、
わずか1〜2年の間に大きなニュースが相次いで噴き出している。その後の対応策も時には首をかしげさせる。


なぜ少女時代にはブレーキがかからないのだろうか。管理のSMに一体何が起こっているのだろうか。



◆防ぐことができない恋愛時代、深まる悩み

9人のうち、なんと4人が公開恋愛中だ。その間ヒョヨンは警察の調査まで受けるハプニングの中で過去の恋愛が
明るみになった。ジェシカやソヒョンもたびたび熱愛説の主人公として登場する。

このような状況が発生した一次的な理由は非常に単純である。少女時代の末っ子であるソヒョンの年齢が23歳だ。
いくら制御された生活をしても異性に目を開けないことはできない。マネージャーが一挙手一投足を制御するには
彼女たちは既に十分に大人だ。そして、あまりにも高い位置に上がっている。

しかし、このような事実を考慮しても、毎回衝撃の強さは侮れない。韓流スターとしてすでに雲のような海外ファンを
連れて歩く人たちだからこそ熱愛事実は海を渡って日本はもとより中国などアジアのファンを揺らしている。

さらに、今回のテヨンの熱愛相手はSMの今後10年を担当するEXOのベクヒョンだ。以後、ファンの心がどこに
決まるか、その結果に基づいて韓流の地図が変わる可能性がある。

どんなに時代が変わっても、アイドルグループの恋愛は所属会社の立場では負担が大きい。特に、「自分の
彼女(彼)」を夢見るファンの脱落はある程度は甘受しなければならない部分である。

この余波を懸念していたからだろうか。SMの熱愛をめぐるコースを見てみるとたった一つの共通点がある。
一様にデート写真があってこそ、その時初めて認めるという点だ。スヨンや今回のテヨンもこれまで熱愛記事が
出てきて、ネチズンたちの熱愛説提起にもSMは一貫して否定してきた。



◆目の前に迫った専属契約満了、SMの管理いいかげん?

テヨンとべクヒョンの出会いが他のトップスターたちの熱愛以上の話題を呼んだのは、その果敢なデートコースも
一役買った。ファンたちの視線を意識しないというようなオープンカーに乗ってデートを楽しみ、インスタグラムなどに
いろいろな種類の熱愛の痕跡を残すなど、まるでファンが気づいてくれることを望むような印象まで抱かせた。

さらにファン層の管理において徹底したSM所属アーティストたちの'社内恋愛'は、業界関係者の間でも驚くべき
事実だ。「なぜ防げなかったのだろうか」という話を置いて、さまざまな解釈があふれ出ている。

そのうちの一つで、歌謡界では少女時代の専属契約が皆、今年末から来年末までに終了されることに注目している。
少女時代は当初2020年まで専属契約がされていたが、芸能企画会社の長期契約が社会的に問題になった当時に
調整されていることが分かった。

このような分析はかなり無理なこともあるが、さらにSMのFA(Free Agent)を控えた少女時代メンバーの再契約金を
下げるためのものではないかという話まで出ている。

数年ガールグループの企画・管理してきた歌謡界の中堅関係者は「歌謡プランナーが羨むほどSMは、これまで
ガールズグループにあってはほぼ無欠点の管理をしてきたのに、テヨンとベクヒョンの熱愛も今までのSMだったら
何とか防いだり、報道時期をずらしたりしていた。少女時代もEXOも今熱愛説が出るのは相当の負担になる
時期だから」とし、「しかし、最近メンバーたちの熱愛が集中的に知らされるのを見ると、SMが少女時代の私生活を
放置したり、傍観しているのではないかという気がする」と伝えた。


◆SMも少女時代も初めての経験は苦手

エンターテインメント業界において危機管理は常に重要な話題だ。'スター'というコンテンツは工業製品のように
計画通りに印刷して、流通過程を制御することができる商品ではない。したがって、彼らの私生活がもたらす
影響を管理し、対応するシステムの構築が何よりも重要である。

したがって、SMは今でもトップスターの私生活の管理-制御-対応システムを総体的に点検し、新たな解決策を
見つけなければならないという指摘に耳を傾けなければならない。

SMは練習生を抜擢して育てることでは名実共に国内最高のシステムを誇っている。しかし、トップスターに成長した
20代半ばから後半の、特に男性歌手ではなく、デリケートな女心をコントロールした経験はほとんどない。実際に
BoAの場合には熱愛説が出てくる時期を海外で過ごしたのでかえって国内ファンたちの視線から余裕が持てた。

少女時代も当然初めて経験のことだ。下手しかない。熱愛公開前に放送などで過度に話が出たり、facebookなどの
オンラインスペースに公認として反感を呼び起こす文を書く行為を見合わせることを学ぶべきである。熱愛事実を
認めた後、テヨンがインスタグラムでファンに向かってあげた文が別の反発を呼び起こすなど、不適切な対応という
指摘を受けたのも同じ脈絡で解釈することができる。

熱愛は無条件に押すこともなく。隠すばかりであることでもない。'トップスターの熱愛'という避けられない問題を
どのようにコントロールして、当事者たちはどのように公人として行動すべきか悩みに悩みを重ねなければならない
時期だ。ここで、恋愛時代に入った9人の少女たちが制球力を持つようする解決策を見つける必要があるはずだ。





自動翻訳を利用しています。





SMはソシと再契約しないのではとまで言われてるとか。
理由はもう「少女時代」じゃないから^^;
そうウワサされるほど、少女時代にあまり関心を寄せず、SM全体がEXO中心に動いてると。
SMとディスパッチの関係を考えると、やっぱり何か裏があるのでは・・・と他の記事に書いてあった。

ベクのように調子に乗ってヨジャとホイホイ付き合ってるとこういう目に合うんだぞ、というSMから
EXOメンバーへの警告だったりして。コワイ(笑)




nice!(0)  コメント(2) 

『恋愛する少女時代、なぜSMの負担になったのか』 [少女時代]



エンタ―メディアの記事


テヨン・ベクヒョン熱愛、SMが困り果てる理由

今回の少女時代の熱愛は以前の波長とは全く違う。その熱愛の対象がテヨンとEXOのベクヒョンだからだ。
2人とも少女時代とEXOのファン層をリードしているという点で、ファンの衝撃もそれだけ大きい。

今まさに翼を広げるEXOという点でファンの失望感はより大きいこともある。少女時代の芸能界でのそのような
位置と経験であれば十分に可能性のあることだと考えることもあるだろう。すでにテヨンの前にユナ、スヨン、
ティファニーなどのメンバーが熱愛事実を明らかにしたことについて、少し驚いたが大衆はあっさり受け入れる姿を
見せたのはそのためだ。

しかし、その相手になったEXOの場合は少し違う。最近最も熱い最高のアイドルグループとしての地位を確立した
彼らが今、飛躍するスタートラインで熱愛事実が起きたのはEXOの今後の歩みに大きな負担になるしかない。
さらに、最近では中国系のメンバーであるクリス脱退波紋で一度苦労を払った状況だった。今は少し静かに
なるようにしていなければならない時に波紋を作ったようなものだ。

少女時代はその名前のために年齢を重ねていくことにいつも負担を感じていたアイドルグループである。
時間が経過すると、少女はますます成熟するしかない。そして、その成熟した年齢に誰かと付き合って恋愛するのは
それほどおかしなことではない。しかし、この自然な変化は少女時代を何度も過去との比較させてしまうのが現実だ。
変わった少女時代が少女時代なのかという点と、年を取ってもまだ少女時代は少女時代という二つの軸が
ぶつかるという点だ。

最近、少女時代の歌謡界での成績は以前ほどの破壊力を見せられずにいる。昨年「I got a boy」が音楽的な
好き嫌いを作成し議論を導き出したことに比べれば、今年発表した「ミスターミスター」もあまり良い成績を
見せなかった。これはまるでライバルのように活躍する2NE1が今年かなりの音楽的成果を見せてくれたこととは
全く対照的な結果だ。

SMとしては少女時代のこのような動きは相当な負担として作用するしかない。音楽的な破壊力は少しずつその力が
弱まっていき、その中で継続して出てくる熱愛事実の発表は少女時代というファンタジーいっぱいのファン層に
亀裂を作り出す危険性がある。さらに、今回のように相手がEXOのペクヒョンならややもするとこれは少女時代だけの
問題ではなく、EXOにも負担を負わせることになる。SMとしては堪え難くならざるをえない。

アイドルだからといって恋愛をしないということはなく、それを明らかにすることはそれほど厄介なことではないのが
最近変わった芸能界だ。これは芸能人を眺める大衆の視線が過去とは全く変わったからだ。芸能人が神秘的な
存在として受け入れられていた時代は過ぎた。そのような年齢になったなら明らかにされなくても、恋愛を一回ぐらい
しただろうというのが今は常識的に受け入れられるという点だ。

しかし、どんなに常識といっても、実際に受け入れるのは容易ではない問題だ。ファン層はスターとファンの間に
ある種の愛情関係を形成せざるを得ず、熱愛の事実はこの関係を否定するような感じを与えるからである(感じと
情緒上にそうだという話だ)。ファンとの関係や恋人との関係は常に配置されているわけではない。しかし、これは
一緒に存立するにはそれなりの時間が必要である。今回のように急に出てくる形なら衝撃は避けて通れない。

とにかく今少女時代の恋愛はその年齢では当然のことになってきている。しかし、この恋愛する少女時代が
所属会社に負担になるのは仕方がないことだ。誰かを好きで会うことが不適切なことでもなく、もしかしたら、
祝福すべきことだが、彼 ​​らだけ眺めるファンのために十分な配慮も必要な点だ。





自動翻訳を利用しています。





nice!(0)  コメント(0) 

『'恋愛時代'になった少女時代、SM得なのか毒なのか? 』 [少女時代]



ノーカットニュースの記事


もう少女時代ではなく、恋愛時代だ。

ガールズグループ少女時代のメンバーティファニー(24、本名ステファニー·ファン)が2PMのニックン(25)と
交際中である事実が知らされ、改めて少女時代の今後の去就にも注目が集まっている。少女時代は2007年の
デビュー以来、7年の間ガールズグループトップの座に君臨したが、いつしかメンバーたちも1つ2つ歳をとって、
20代半ばから後半になり、少女のようだったイメージから脱して交際の事実が外部に知られているからである。

今年だけでも少女時代のメンバーユナとスヨンがそれぞれ、イ·スンギ、俳優チョン·ギョンホと交際を認めた。
ティファニーの前にメンバーヒョヨンは前のボーイフレンドだった有名作家キムジ・ュニョンさんとの争いが
警察に通報されるハプニングが起きたりもした。これに対しSMエンターテイメント関係者は「二人はもう別れた間で
キム・ジュニョンさんが芸能人ではないので言及することに気をつけている」と言葉を慎んだ。

交際を認めたユナ、スヨン、ティファニーなどは20代半ばで女子大生、あるいは職場の新人の年だ。恋愛を
するのが問題ではなく、できないのが問題になる年である。大多数の芸能関係者は「9人ものメンバーたち
一人一人の一挙手一投足を所属事務所が制御することは話にならない」とし「しかし外部に気付かれるべき
ではなかった」と指摘した。

問題は、SMが誇る最高のアイドルスターの少女時代が新曲「ミスターミスター」の成果よりも恋愛など個人史に
焦点を合わせた動きで連日マスコミのスポットライトを受けていること。少女時代の新曲「ミスターミスター」は
発表前からミュージックビデオデータ破損などでスムーズではない出発を見せた。短い活動期間、地上波音楽
番組1位を占めたものの、過去の「Gee」や「願いを言ってみて」で全国民的症候群を起こした全盛期と比較すると
確かに力が落ちたという評価だ。

芸能関係者たちは、少女時代の今後の歩みに対するSMエンターテイメントの対応に注目している。
ある芸能関係者は「SMエンターテイメントはガールズグループに対する一種のシステムを作った。過去SESは、
活動終了後演技者で旋回したように、少女時代は現在のアイドルが乱舞する21世紀のエンター事業の市場の
一種の手本だ。もう女の子から大人になった少女時代のメンバーたちが音楽よりもスキャンダルで注目される
昨今の状況で、SMが下す決断の一つ一つが今後エンターテインメント業界のひとつの指標となりうる」と
分析した。





自動翻訳を利用しています。





ティファニーとニックンはもう5年付き合ってるんじゃないかと言われたり。

『ティファニー&ニックン熱愛!過去のお揃いアイテム画像まとめが話題に』


ヒョヨンは今回の暴行事件で彼氏と別れたらしい。

なんかヒョヨン可哀想・・・。

それにしてもこのタイミングでティファニーとニックン発覚、タイミング良すぎだよねぇ。





nice!(0)  コメント(0) 

『ヒョヨン聖地文いじめ説デマ拡散に過去発言話題'少女時代に嫉妬した'』 [少女時代]



TVDailyの記事


1396430557_678339.jpg


少女時代ヒョヨンの暴行疑惑警察調査に加えてヒョヨンの聖地文まで話題になって、少女時代のいじめ説が
浮上している中でヒョヨンの過去の発言まで一緒に話題になっている。

去る30日ソウル龍山区西氷庫洞の知人の家の2階でヒョヨンのボーイフレンドと誤解されている知人A氏は、
ヒョヨンが1階に飛び降りるようにいたずらするのを制止して目の部分を暴行されたと警察に通報し、事件当日と
翌日の二度にわたり、龍山警察署で調査を受けたことが翌日1日世間に明らかになった。

4月1日エイプリルフールの日に起きたこのような衝撃的な出来事にネチズンたちは当惑とショックを隠せなかった。
SMエンターテイメント側はヒョヨンが知人たちと一緒にした席でいたずらをして誤解が生じ、交番派出所に
通報された状況で、すぐに誤解を解いてハプニングで終わったと釈明した。

しかし、前日あるオンラインファンカフェに掲載されたヒョヨン聖地文には「ヒョヨンが少女時代でいじめにあって
自殺しようとして男が止めてその人を殴って警察署に行った」とされており、その聖地文は一波万波広がった。
これは多少過激ないたずらで終わることができたハプニングが、少女時代のいじめ事件の真偽で雪だるま式に
大きくなってしまった状況だ。

これに対し、ヒョヨンの過去の発言まで再び話題になっている。ヒョヨンは過去Mnet「ビートルズコード」に
出演した際、「私は今でも衣装に嫉妬をすることがある。率直に言ってきれいな服を見ると着たくなる。'私には
なぜあんな服を着せてくれないの?'という考えで気に障った」と告白している。過去オンラインコミュニティには、
「衣装でも差別されていたヒョヨン」というタイトルで記事が掲載されたことがあって、このようにネチズンたちの
目にもヒョヨンの衣装差別が目立っていたこと。

続いて、先月17日SBS芸能プログラム 'ヒーリングキャンプ、嬉しくないか'に少女時代が出演した際にもヒョヨンは
メンバーテヨンと戦ったことがあると告白し、当時'Gee'の初放送日だった事前録画当時テヨンのインイヤーが
抜けたせいで再び撮影することになっ告白した。この時、ヒョヨンが事前録画ではきれいに出てきたが再撮影の
ためにカットがなくなって「テヨンが憎かった。テヨンがミスをそのまま越えて行けばよかったのにという思いで
戦うことになった」と明らかにしている。

この時ヒョヨンは実際の性格について、「私はカッとするので気に入らなければ、まず怒鳴ってみる」として
多血質性格を告白している。

一方、ヒョヨン聖地文が原因で少女時代のいじめ説が浮上されると、SMエンターテイメント側は公式報道資料を
通じて「当社はヒョヨンに関するとんでもない噂を掲載したり流布する掲示者に対して法的対応のための手順と
検討に着手し、強硬に対処する計画」という公式立場を明らかにした。





自動翻訳を利用しています。





確かに衣装は他のメンバーに比べて・・・・と思うこともあったけど。

とにかくものすごく大きな話題になっちゃってて、どう収拾するんだろう。





nice!(0)  コメント(2)