So-net無料ブログ作成
検索選択
少女時代 ブログトップ
前の10件 | -

『'罰金700万ウォン求刑'カンイン・'旭日旗論議'ティファニー、相次ぐ物議...'SMに背を向けたファン心'』 [少女時代]




イートゥデイの記事


SMエンターテイメントの所属歌手らの相次ぐ物議で風の静まらない日々を送っている。

17日、先立って5月24日、飲酒運転事故で物議をかもしたスーパージュニアカンインの最初の裁判が開かれた。
検察はカンインに対して一回飲酒運転事故の前歴がある点、街灯を損壊した点があるが、事故後自自首をした
という点を考慮して、略式起訴と同様に罰金700万ウォンを求刑した。

カンインは、2009年にも飲酒ひき逃げ事故を起こした疑いで罰金800万ウォンに略式起訴され、ファンの大きな
失望感をかもし出した。

カンインと同じ釜の飯を食べているティファニーのファンたちの非難世論も静かになる兆しが見えていない。
ティファニーは光復節だった15日、自身のSNSアカウントに旭日旗が刻まれた写真をアップロードし、議論を起こした。

一日目の16日ティファニーがインスタグラムに手書き謝罪文を掲載したが、ネチズンの叱咤と非難はさらに強まっている。
最終的には、現在出演中の芸能プログラムKBS2TV「お姉さんたちのスラムダンク」でティファニーを下車させろ
という要求にまで続いている。

ネチズンは「SM所属歌手たちに失望している」、「十分に自粛しなければならない」という反応と、「反省しているので
許してやろう」という反応ですれ違って舌戦を繰り広げている。







自動翻訳を利用しています。







化粧品の広告も突然降ろされちゃったみたいだし、AOAの時よりも大きな騒動になってしまった。

私はSMがEXOをハワイに連れて行ったらSMに背を向ける(笑)






nice!(0)  コメント(2) 

『ティファニー旭日旗SNS議論..中国メディア報道"議論大きくなった"』 [少女時代]




スターニュースの記事



中国圏のメディアが少女時代のメンバーティファニーの旭日旗SNS論議に大きな関心を見せて先を争って報道した。

中国シナドットコムなど中華圏媒体は15日、ティファニーの旭日旗SNS掲載論議を比重あるように伝えた。
メディアはティファニーが14日、日本の東京ドームSMタウンツアー直後インスタグラムに掲載した日の丸顔文字と
旭日旗模様が入ったフレーズなどに言及して関連情報を集中的に報道した。続いて、「議論が高まっている。
現在、該当文面は削除された」と付け加えて報道した。


20160815172814229wfoz.jpg


一方、この日ティファニーは今回の論議と関連し、「このように大切な意義深い日に私のミスのために多くの方々に
ご心配をおかけして申し訳ありません。多くの方々に失望を抱かせてしまった自分がとても恥ずかしいです。
たくさん反省しています。今後は私の行動や書き込みが多くの方々に見られていることに留意し、このようなことが
ないように、常に慎重に考えて行動する人になるように努力します」という文を手書きで書いて掲載した。

ティファニーはこの日、東京SMタウンツアーを終えて金浦国際空港を通じて帰国した。







自動翻訳を利用しています。








アメリカに帰れとか、今出演してる「お姉さんたちのスラムダンク」の下車要求とか、結構大変な状態。

EXOはまだ日本にいるみたいだから、日本にいるのにインスタに光復節関連アップ・・・なんてことがありませんように。

台風来てるから早く帰った方がいいのに。






nice!(8)  コメント(8) 

『少女時代テヨン、'人気歌謡'放送で態度論議...無表情·誠意のないパフォーマンスまな板の上』 [少女時代]




朝鮮日報の記事


2015072000547_0.jpg


少女時代テヨンが態度論議でまな板の上に上がった。

19日放送されたSBS「人気歌謡」で少女時代が新曲「PARTY」で1位候補に上がって舞台を披露した。

この日少女時代のメンバーテヨンは振り付けをスキップし一人異なる動作をするなど、誠意のない舞台で
まな板の上に上がった。

テヨンのこのような態度議論は、2011年10月米国MTV「MTV IGGY」でも浮上したことがある。
当時テヨンはしかめっ面をしたり、無表情でカメラを見つめて非難を受けた。

これに対し同年ティファニーはMBC「ラジオスター」に出演して、「メンバーたちが風邪をひいていたし、
時差適応もならなくて、時間が経つにつれ頬杖したりぼんやりした姿を見せた」と釈明したことがある。

一方、少女時代はこの日の放送で1位を占め、音楽放送6冠王に上がる気炎を吐いた。





自動翻訳を利用しています。







cr:mo yuna 7



ちょっと調子悪かっただけって感じで、さすがにこれで態度論議とか可哀想な気が。。。



テヨンは過去にも態度、表情管理、コメント等で議論になってるから性格的に芸能人に向いてないとか
イメージを作ってくれてるSMに感謝した方がいい、なんて辛辣なコメントも。

それにしてもすぐ「○○論議」になるからアイドルは気が抜けない!






nice!(2)  コメント(8) 

『少女時代テヨン、公開熱愛尋ねると'影響はない'所信発言注目』 [少女時代]




MBNニュースの記事


ガールズグループ少女時代のメンバーテヨンが公開熱愛に対する立場を伝えた。

7日午後、ソウル中区奨忠洞のBanyan Tree フェスタビストロでカムバックを控えた少女時代の記者会見が開かれた。

公開熱愛を問う質問にEXOメンバーベッキョンと熱愛中のテヨンは「影響はない。少女時代の色に合わせて
熱心に準備した」と答えた。

一方、少女時代は10日KBS 2TV「ミュージックバンク」を皮切りに、11日MBC「ショー!音楽中心」、
12日SBS「人気歌謡」などの音楽番組に出演する予定だ。

また、少女時代「PARTY」のアルバムは8日、オフライン売り場で会うことができる。






自動翻訳を利用しています。







“Party”MV

cr:SMTOWN



あれ、これって先行公開曲?
これがタイトル曲なら、ちょっと物足りない。。。

でも開脚しなくてもお尻の下の肉見せなくても売れるからね。

SISTAR、AOA、ゴルデ、ソシときて、あとはA PINK!










nice!(0)  コメント(4) 

『 ディフェンディングチャンピオン少女時代vsふわり大きい少女後輩』 [少女時代]




NEWSENの記事


ホットサマー、それこそ'ホット'な夏である。少女時代、SISTAR、AOA、A PINKまで。強力な
ファン層を持っているガールズグループが夏の舞台に総出動する。

BIGBANG、EXO、SHINee、2PMが行ったボーイズグループ大戦に続き、6月からはガールズグループの
対戦が繰り広げられる。出場意向を示したガールズグループの名前を見てみよう。SISTAR、AOA、A PINKは
ティーザーイメージを一つずつ'解いて'ファンを浮き立たせている。


201506171420185010_11.jpg
201506171420185010_1.jpg


名実共にワントップガールズグループの座を守った少女時代がカムバックする。現在確実なカムバックの
日程は出ていないが、歌謡界では6月、7月カムバックを見込んでいる。少女時代は4月日本ニューシングル
「Catch Me If You Can」の韓国語バージョンの音源とミュージックビデオを公開したが、活動はしなかった。
国内活動は、昨年2月末ミニ4集アルバム「ミスターミスター」以後初めてだ。

熱愛決別など、音楽活動以外の話題で注目された空白期であった。また、その間にメンバージェシカが
脱退するなど、少女時代としては容易ではない時間を過ごした。もう一度「今は少女時代」と確信することが
できる瞬間が来るのか大衆の関心が集まる。

加えて、少女時代の今回のカムバックは、これまで休む暇のない活動でしっかりとしたファン層を構築してきた
後輩ガールズグループとの対決になると予想される。SISTAR、AOA、A PINKなどそれぞれ特色を持つ
グループのティーザーを見るだけでも、ファンはすでに'眼球ぜいたく'中。

まず22日、SISTARとAOAが同時に新曲を発表する。SISTARは今回の活動で「夏=シスター」という公式を
もう一度大衆に刻印させる予定である。新しいミニアルバム「Shake it」の発表を控えて'邪悪'なコンセプト画像で
すでにオンラインを熱くしている。モノクロ画像の中シスターのメンバーは、マイクロミニルックで
セクシー美を誇示しており、これとは対照的にかわいいアートワークが加わり素敵な悪女コンセプトが目を引く。

メンバーたちの水分を吸い上げた美貌とSISTARの専売特許'健康セクシー美'が引き立つコンセプト。
音源チャート最強者に位置づけたSISTARが今回もチャート狩りを準備している。

「Like a Cat」「ミニスカート」「揺れる」で、昨年最も顕著な活躍を見せたAOAは気がかりを醸し出す
コンセプトで視線を集める。清純美あふれるホワイトスポーツルックを着た団体写真は、今までAOAが示した
コンセプトとは明確に差別化されている。第三のミニアルバムタイトルのように「ハートアタック」という魅力だ。

特に、AOAに今回のアルバム活動は確かに位置づける機会になると予想される。演技者として定着したソルヒョン、
「UNPRETTY RAP STAR」で認知度を積んだジミン、「マイリトルテレビ」で存在を知らせたチョア等の
メンバー一人一人の認知度も上がった状況。さらに確実な成長をするタイミングというのが歌謡界の予想である。

A PINKのカムバックの便りも伝わって叔父ファンたちをときめかせた。A PINKは6月17日にA PINK公式SNSを
通じてティーザーイメージを公開した。A PINKはほとんどのガールズグループがデビュー後清純から
セクシーに移る公式を忠実に従う間、A PINKだけの道を歩いてファン層を確実に構築した。

「NoNoNo」「Mr. Chu」「Luv」など、A PINKだけのラブリーコンセプトを通じて男性ファンたちの
絶大な支持を受けているグループである。A PINKが再び専売特許'ラブリー'で大衆の心を捕らえるかも
観戦ポイント。公開されたティーザーイメージでは、A PINKの代表的な衣装コンセプトであるワンピース
ではなく、自由奔放ながらもカラフルなイメージが登場して再び期待感を抱かせる。

ガールズグループで少女時代の次に強いファン層13万人を保有しており、確実な音源パワーのある
A PINKなので、今回の7月のアルバムがどんな成果を出すのかも注目されている。関係者によると、
A PINKはA PINKだけの聞きやすい曲で大衆をひきつけるという意志だ。

ワントップ少女時代と音源強者SISTAR、ラブリーA PINKと大勢AOA、ガールズグループ大戦の幕は
すでに上がった。歌謡ファンたちの楽しい'観戦'が開始される。







自動翻訳を利用しています。








今はこの4つのグループとガールズデイがガールズグループの中では抜け出てる?

SISTARは曲はいいんだけど、あの胸とお尻を突き出した感じがあまり好きじゃないかな。
A PINKはボミが好きじゃない(笑)
AOAは全体的に好き。
ソシは他のガールズグループと違って、常に新しいものにチャレンジし続けないとメディアから
低評価を受けちゃうので大変そう。
なんだかんだでまだソシかな。











nice!(4)  コメント(2) 

『[ラジオスター]イトゥク "ジェシカで終わりだと思いますか?”意味深発言』 [少女時代]



ニュースウェイの記事


2014100823541353109_20141008235829_1.jpg


スーパージュニアイトゥクの意味深発言にスタジオが凍りついた。

8日放送されたMBC「黄金漁場ラジオスター」(以下ラジオスター)は、「スーパージュニア三十頃に」特集に出演した
チェ·シウォン、イトゥク、カンイン、ウニョクの姿が電波に乗った。

この日MCキム·グラはイトゥクに「私が進行中の'ソルジョン'にキム·ヒチョルの席に入って来い」と提案し、イトゥクは
これを拒絶し、「ジェシカが終わりだと思いますか」と意味深な言葉を言い出して笑顔を見せた。

これにMCは「また何があるのか」と尋ね、スーパージュニアのメンバーたちは、「このヒョンはちょっと(変だ)」として
冷や汗を流した。イトゥクは「いや、物事はわからないから」と収拾に乗り出して 笑いを抱かせた。


一方、「ラジオスター」は毎週水曜日の夜MBCで放送される。







自動翻訳を利用しています。






ルハンのこと???と思ったけど冗談で言ったのかな。





ジェシカは大丈夫なんだろうか。

『少女時代ジェシカのブランド「BLANC」は日本ブランドのパクリ?比較画像が話題に』

『少女時代ジェシカのブランド「BLANC」のパクリ疑惑、今度はアメリカのブランド?!』


SMが追いだしたのではなく、メンバーたちがそうした・・・って記事になってたから、さらにジェシカのイメージ悪くなりそう。。。




nice!(0)  コメント(6) 

『ジェシカの'BLANC'事業計画書入手..タイラー・クォンが怪しい』 [少女時代]



スポーツワールドの記事


少女時代を去ったジェシカはファッション事業家として成功するだろうか。

ジェシカは恋人タイラー・クォンと共に8月にローンチしたファッションブランド「BLANC」を置いて生じた紛争を
克服できず、最終的に少女時代から脱退した。これ以上少女時代ではなくなったジェシカはビジネスの成功が
切実である。しかし、ファッション業界の専門家は新規ブランドの成功に疑問符を描いている。

これに対してスポーツワールドでは「BLANC」の事業計画書を入手した。しかし、内容が不十分だった。ジェシカの
写真を大きく浮上させて彼女のデザイナーとしての可能性をアピールしたこと以外は、ビジネス上の特別な点を
探すのは難しかった。「BLANC」は2014年サングラスでビジネスを始め、2015年春/夏シーズンにアクセサリー、
そして2015年秋/冬は服まで事業を拡大する計画を書いた。しかし、タイラー・クォンから直接「BLANC」への投資の
勧誘受けたという実業家は、「提案書を受けてみると少女時代のジェシカが関与しているという事実以外は全く
メリットがなくて投資計画を撤回した」と話している。それとともにタイラー・クォンのキャリアについて疑問を提示した。
米国の名門ミシガン大学で経営学を専攻したタイラー・クォンはコリーデルグループのエンターテインメント部門
CEOというもっともらしい肩書きを持っている。しかし、タイラー・クォンとしばしば会ったという関係者は「タイラー・クォンが
財閥3世のように行動しているが、周囲の知人らに5000万ウォン、1億ウォンずつお金をよく借りるなど資産家として
見るのが難しい面がある。彼は投資会社に身を置いているが、果たして彼が成功させた事業が何があるか
冷静に把握してみなければならない」と助言する。


segye_20141003134207278.jpeg

segye_20141003134207351.jpeg


タイラー・クォンが香港で'スキャンダルメーカー'で悪名が高いことにも注目しなければならない。タイラー・クォンは
ジリアン・チョンと公開熱愛をして、メディアの集中的な関心を受けた。しかし、戦略的なアプローチだったという
解釈もある。香港社交界に足を入れるため、ジリアン・チョンを利用したもの。ガールズグループツインズのメンバーで、
中華圏で「国民の妹」として愛されたジリアン・チョンはエディソン・チャンとのスキャンダルで墜落した。
このような彼女を慰める姿で登場したのがタイラー・クォン。二人は香港で公開的に同居をするほど親しい仲であり、
すぐに結婚をするかのように見えたが、決別したジリアン・チョンは物質的、精神的損害を被った。
しかし、タイラー・クォンはすぐにジェシカに接近した。

知人の証言ではタイラー・クォンとジェシカの出会いはまるで映画のようだった。香港でのショッピング中に
カード限度額を超え困難に陥ったジェシカにタイラー・クォンが突然登場して代わりに精算をして好感を買ったこと。
すっきりとしたマナーにもっともらしい肩書きを持つタイラー・クォンにジェシカは陥った。しかし、タイラー・クォンは
秘密恋愛をしなければならないジェシカの状況を配慮せずに、SNSに写真を上げるのに積極的だった。
タイラー・クォンに会った彼らは「普通の投資家はメディアへの露出を気にするものだが、彼 ​​は自分自身を広報するのに
積極的だった。記者がいるところにわざわざ行く傾向もある」と話している。香港パパラッチにタイラー・クォンと
ジェシカが頻繁に捕捉されたのも単なる偶然ではないという意味である。これに対しファンさえもジェシカが
タイラー・クォンのビジネスに利用されていることがないかと心配する。

果たしてジェシカとタイラー・クォンは「ブラン」を成功させ、幸せな結婚式を挙げることができるか。来年5月結婚説報道に
タイラー・クォンは「私たちがすぐに結婚するという推測にもう一度言いたい。私は今年も来年もまだ結婚する
計画はない」と反論した。むしろ気が焦っている方はジェシカだ。私たちが愛した少女時代のジェシカ、今彼女の
状況が不安である。





自動翻訳を利用しています。





韓国ペンブログによるとすでにこの事業に400億ウォンも投資してるとの情報もあり。
タイラー・クォンは投資する側ではなく、投資を誘致する立場だから、もしこの事業が上手くいかなかった場合
ジェシカを残してタイラー・クォンは去っていく?


香港でヒョヨンの元彼と知り合い、ヒョヨンとも知り合ってそこからジェシカにつながったらしい。

無題24.jpg

無題22.jpg

真ん中がジリアンとタイラー・クォン


無題25.jpg
cr:すべて画像内






9月30日に泣きながら事務所を飛び出したと言われてるジェシカのこの画像

21.jpg



泣いてないし、日にちも違うのではとの説も

20.jpg



この男があまりにも怪しいのでSMも少女時代の名に傷がつかないよう切ったのかね。

ジェシカがSMにロイヤリティを支払うだのソシの親が文句言ってるだのっていうウワサもあるけど、
実際のところ、この胡散臭い男を盲信してるジェシカは危ない。





nice!(0)  コメント(0) 

『[Q&D]"誰が被害者?"..ジェシカ、脱退の顛末18(総合)』 [少女時代]



Dispatchの記事


"誰が被害者か?”

どんな些細な事でも「損得」を計算するものだ。誰が悔しいのか、誰が被害者なのかを問い詰める。

ジェシカの脱退事件も同じだ。

"離れると言ったの?それとも離れろと言ったの?"

"脱退を勧告されたとすれば、ジェシカが被害者じゃないの?"

"残りのメンバーはジェシカを失いたったかったのだろうか?”

このように、大衆は今回の事件の「本質」より「損得」をわけている。


dispatch_20141001104915120.jpeg


しかし、'ディスパッチ'の取材の結果、時間だけが前倒しになっただけだ。9月30日でなくても11月30日、12月30日、
または2015年1月30日に行われることだった。

つまり、誰の被害を問い詰めることではない。紛争の核心、ゴールの深さを把握するのが優先である。
それでこそ今回の事件の本質を理解することができるからである。

'ディスパッチ'は30日、'少女時代'を最も近くで見守った3人に会った。この中にはジェシカの側近もいて、8メンバーの
知人もいた。

ジェシカ事態の顛末、Q&D(Question&Dispatch)で解いた。


dispatch_20141001104915210.jpeg


Q1。それでも最も気になるのは、「去る」か、「出て行け」なのかだ。

Dispatch:「去る」も合って、「出て行け」も正しい。まず、「去る」はジェシカが言った言葉だ。ジェシカは今年1月と
7月「去りたい」という話を何度も繰り返した。

それでは「出て行け」は、それに対するメンバーの答えなのか?正確に言うと、ニュアンスは「出て行け」と近いほどだった。
「2つのうち1つをを選択をしてほしい」はという要求がより正しいと見ることができる。


Q2。時間別に見てみよう。1月と7月、ジェシカはどのような話をしたのか?

D:今年1月、「結婚をしたい」という話を持ち出した。メンバーに個別に会って「結婚したい。会社と話中だ」というふうに
言葉を流すほどだった。

そうするうちに、7月日本コンサートを終え、再び活動休止の意味を照らし出した。当時ジェシカは「私はもうこれ以上
できないようだ。残念だが、私の人生を探す」と話した。


dispatch_20141001104915299.jpeg


Q3。自分の人生を探す?タイラー・クォンとの結婚なのか。

D: ​​当時ジェシカは少女時代の活動に意志がないように見えた。すでに結婚についてはメンバー全員が知っている状況。
ジェシカはこの日、結婚よりも将来についてより多くの話をした。

例えば、「来年留学する」、「学校を調べている」、「ファッションビジネスをしたい」、「少女時代をやめてデザイナーに
なるだろう」等であった。


Q4。残りのメンバーはジェシカの話をどのように受け入れたのか?

D:今年の初め、会社と一回脱退波動を体験した後だった。当時ジェシカとSMは来年初めに予定されている
最後のアルバムまで最善を尽くそうという合意を導き出した。

メンバーは、当惑するが仕方ない部分だと思っていた。ただ、どうせ来年結婚して、また事業を行う計画ならば、
最後のアルバムまでは活動に集中しようという風を伝えた。


dispatch_20141001104915393.jpeg


Q5。それでジェシカは少女時代の活動に最善を尽くしたか?

D:実際に完全に集中することができない状況だった。ジェシカはとても忙しかった。特にタイラーとのことで忙しかった。
それもそのはず、8月に「ブラン」というファッションブランドを立ち上げた。

中国、香港、ニューヨークを行き来して個人的なスケジュールを進行した。実際ジェシカは、今回の中国ファンミーティング
直前までタイラーとニューヨークにいた。スケジュール一日前の日に入国した。


Q6。今回の事態ではタイラー・クォンは欠かせない。

D: ​​ジェシカ手にある'Tiffany & Co.'のリングは婚約の概念の指輪だ。ジェシカはメンバーたちに、来年10月に
香港で結婚式を挙げる計画だと言って回った。

タイラー・クォンはほとんどジェシカのすべてのスケジュールに同行した。中国と香港のイベントはもちろん、
オンスタイルの「ジェシカ&クリスタル」ニューヨークの撮影現場にも彼がいた。


dispatch_20141001104915467.jpeg


Q7。そんな中、ファッションブランド「ブラン」まで発表した。

D: ​​実際にメンバー誰もジェシカの事業に反対しなかった。しかし、このように早く始めるとは思わなかった。
ほとんど結婚後にファッションビジネスをすることで理解していた。

ところがジェシカは8月にサプライズ発表をした。メンバーたちは一つ明確にしてほしいと言った。「ビジネス」が
主になってはいけないということ。「少女時代」をおろそかにしないでほしいということであった。


Q8。SMはジェシカの事業を許可したのか?

D. 懸念した。それもそのはず、このファッションビジネスはオフラインショップで商品を売る「グッズ」の概念だ。
「少女時代」の人気を利用してファンを相手に商売するものになることがある。

しかし、会社が防ぐ名分はなかった。特に契約書上に「個人事業を進行しない」の規定はなかった。
ジェシカが個人の夢を訴えたので許した。


Q9。ところが「ブラン」以後葛藤が増幅されたと聞いている。

D: ​​ジェシカは脱退以降の人生をあらかじめ準備した。留学、ビジネス、結婚だ。ニューヨークに行って、そこから
勉強もして、結婚もして、ビジネスも拡大する計画だった。

そのためにはポートフォリオ準備が至急だった。ブランド立ち上げを急いだ理由だ。さらに「ブラン」はタイラー・クォンと
進行中のビジネスである。いつも、彼と一緒にするしかなかった。


dispatch_20141001104915567.jpeg


Q10。そういえばジェシカは最初から脱​​退を言った。

D: ​​おそらく、脱退の意思を明らかにしたのは...、このような計画のためではなかったか。しかし、最後の1枚の
アルバムまですることにして、このような夢をしばらく先送りしたと理解していた。

しかし、ジェシカは個人的なことにさらに重点を置いた。当然「少女時代」の活動をおろそかにするしかなかった。
これに対し、メンバーが決定を求めたのだ。最後まで、集中してほしいと。


Q11。しかし、ジェシカの態度が急変したと聞いた。

D: ​​先月15日、'ディスパッチ'に情報提供があった。ジェシカとタイラーが法務法人「世宗」にいるということだ。
そして、実際にその場所で2人を確認することができた。

どんな相談をしたのかはわからない。ただし、「世宗」の訪問以降、立場が変わったことは明らかである。
メンバーたちに「あなたがたさえよければ、結婚後も'少女時代'を継続したい」と...。


Q12。二匹のウサギをみな捉えたい?

D:ジェシカは、そのどれも逃したくなかった。特にビジネスは先送りすることはできない状況だった。既に相当部分
進行されたし、ジェシカはかなり多くのお金を投資した状態であった。

8人は最初から「結婚OK」、「事業OK」であった。ジェシカの夢を尊重した。ただし、活動終了後に実行されることを
願った。それがメンバーとファンに対する礼儀だと考えた。


dispatch_20141001104915730.jpeg


Q13。9月に急にメンバー会議をしたと聞いた。

今の状態では長期的なファンツアーも、最後のアルバムも、正常に消化するのは難しいと判断した。
これに対しジェシカとメンバーたちは9月に会議を開いた。そして決定を要求した。

ジェシカは弁護士に相談後立場を変えた。むしろ「少女時代」を継続するという意思を伝えた。「もし不満があれば
書面で作成し渡してほしい」と話した。


Q14。会議の結果はどうだった?

D:2〜3回の会議を開いた。そうするうちに突然、ニューヨークに向かった。もう会話を続けることができなかった。
最終的に皆は、このような形で活動を続けていくのは無意味だと判断した。

ジェシカの場合、ファンミーティング前日に戻ってきたので自分の仕事を果たしたと考えた。しかし、メンバーは
ジェシカが'少女時代'をセカンドに捉えて久しいと感じた。


dispatch_20141001104915843.jpeg


D15:今些細な疑問を解いてみよう。「ブラン」のタイラーの役割は?

D:ジェシカは8月6日「ブラン」をローンチした。最初の商品でサングラスを出した。現在香水、アクセサリー、衣類なども
準備中だ。2015 F / Wコレクションまで計画している。

タイラーも「ブラン」に投資をした。ジェシカより投資額が少ないと知られている。彼の主な役割は中国進出である。
中国と香港のデパート入店を助けている。


Q16。現在、中国での「ブラン」の位置づけは?

D:「少女時代」ジェシカというタイトルだけで中国で大きな人気を得ている。最近では香港の'レーン・クロフォード'という
大型セレクトショップ入店に成功した。

入店待ちのところもいくつかある。主に香港の店舗である。その他、シンガポール、タイ、上海などのショッピング都市への
進出も控えている。「ホット」な新ブランドとして浮上している。


Q17。それならメンバーと金銭的な葛藤もありそうだが。

D: ​​ジェシカが「ブラン」でお金を稼ぐことには興味がない。彼女の能力であるからである。ただしジェシカの結婚説が
及ぼすリスクは十分に察することができる。

それもそのはず、ジェシカの結婚は業界の公然の秘密だった。契約期間1年以上の団体広告はオールストップした。
提案を受けても進行することができなかった。


Q18。ジェシカは再び合流することができるだろうか?

D:結論から言えば10%前後だ。復帰の前提条件はジェシカの優先順位の変化だ。しかし、あまりにも遠くに行った。
すでにタイラーがすべての事にあまりにも絡んでいる。

もちろんジェシカがブランドセールスのためにソロや演技を要求することもできる。しかし、通常の準備期間を
考慮すると、すぐには難しいことではないだろうか。





自動翻訳を利用しています。






ジェシカの結婚は業界内では公然の秘密だった、、、

ディスパッチがジェシカの脱退結婚を暴露しようとして、SMが代わりに差し出したのがベクとテヨンだったりして。


SMがジェシカを切ることはデメリットしかないから、結局はメンバーが利己主義なジェシカとはもうやれないって
事務所に訴えたんじゃないんですかね。




『【全文】 「少女時代」ジェシカの公式立場』

『タイラー・クォン氏、少女時代 ジェシカに「耐えぬいて」応援のコメント…結婚報道は否定』




テヨンが最近のインタビューで「メンバーも会社の方も誰もが少女時代の誇りと信念で今まで耐えている」と
言ってたそうだけど、'少女時代'を一番に考えられないジェシカと軋轢が生まれるのは当然といえば当然。

ジェシカは今後のビジネスへの余波を考えて、自分はソシのメンバーとして最善を尽くしていたのにと
言ってるけど、ちょっと厳しい。

こんな大騒動で'少女時代のジェシカ'でなくなってしまったジェシカと果たしてタイラー・クォンさんは結婚するかな?
ジェシカを利用してそうだし、操ってそう。
ジェシカが多くお金を出して、利益の取り分は男の方が多いとか、巧妙に契約書を作ってそう(と容易に想像させる人物w)




'少女時代'も、もう少女ではなくなり、恋愛をするのが当然の年齢になり、ビジネスを夢見るまでの女性に成長し、
少女時代という名前の枠組みとしてだけ見えていたメンバーがそれぞれ一人ずつの存在に分離されていく・・・
成長と独立は自然なことである

って記事に書いてあったけど、ソシの終わりはきれいなものでなければならないと思うわ。。。





nice!(1)  コメント(8) 

『"タイラー・クォンがいる”..ジェシカvs少女時代8、紛争の核心?』 [少女時代]



Dispatchの記事


29日午前4時、仁川国際空港。

'少女時代'のジェシカが飛行機から体を下した。米国ニューヨークで個人的な仕事をした帰りだった。
ジェシカは一人でスーツケースを引いて入国場を抜け出た。

同じ時刻。ボーイフレンドのタイラー・クォンが入国した。ジェシカと同じ飛行機に乗って入ってきた。周囲の視線を意識し、
約5分の間隔を置いて一緒に、また別に姿を現わした。


dispatch_20140930132318992.jpeg


ジェシカとタイラー・クォンはずっとニューヨークに一緒にとどまった。

ある側近はDispatchとの通話で、「ニューヨークでのビジネスも準備して、学校も調べている」とし、「結婚を考えているが
それはまだ具体的ではない」と伝えた。


dispatch_20140930132319072.jpeg


ジェシカが30日未明、自身のSNSに脱退関連記事を載せた。

「今後の公式スケジュールを期待して準備していたが、会社と8人から今日付けで私は少女時代のメンバーでは
ないという通知を受けました。私は少女時代活動を優先して積極的に取り組んでいますが、正当でない理由で
このような通知を受けて非常に戸惑っています」

ジェシカの話は一部は正しい。まず、少女時代は30日、中国でファンミーティングを行う予定である。
ジェシカはこのイベントに出席するため29日、急いで帰国した。

しかし、他の懸案の場合、見解の違いが存在する。ジェシカは少女時代の活動を優先すると主張したが、
残りのメンバーはそうではないと判断している。

ジェシカと'少女時代'8の葛藤、何が発端なのか。

その中心にはタイラー・クォンがいた。側近の話もヒントだ。[>]ビジネス、[>]留学、[>]結婚、すべてタイラー・クォンと関係している。


dispatch_20140930132319152.jpeg


①タイラー・クォン:公式でない公式カップルである。結婚を前提に熱愛中なのも事実だ。すでにSM内部で
二人の関係を知らない人はいない。

タイラーはジェシカのほとんどのイベントに同行した。中国と香港などのイベントに参加は基本、さらにオンスタイルの
「ジェシカ&クリスタル」ニューヨークの撮影現場までついて行った。

このような行動が他のメンバーの目には好ましくなかった。'少女時代'のある側近は「活動に専念するよう願っていたが、
公私をほとんど区別しないようだ」と話した。


dispatch_20140930132319227.jpeg


②ファッションビジネス:ジェシカとメンバーの葛藤は8月に増幅された。ジェシカがファッションブランド「BLANC」を
立ち上げた後だった。すでにジェシカはサングラスまで発売した。

「BLANC」の中心にもタイラー・クォンがいる。タイラーがブランド運営資金相当部分を投資&誘致した。
もちろんジェシカのお金もかなり入ったことが知られている。

SMとメンバーはジェシカのブランド事業に反対はしなかった。しかし、主客転倒は困るという立場だ。
つまり、「BLANC」は副業ではなく、主な仕事になってはいけないということ。


dispatch_20140930132319321.jpeg


③デザイナー:ジェシカは「デザイナー」として生きたいという話をよくした。実際に米国のデザインスクール留学まで
準備中であると伝えられる。

アメリカ留学のためにSATが必要だ。しかし、ジェシカはポートフォリオに置き換えする計画である。そのためには
自分のブランドやデザインに時間を注ぐしかない。

'少女時代'に精通したある関係者は「'少女時代'として生きながらデザインをするのは理解できる。しかし、デザイナーとして
生きて'少女時代'のブランドを使用するのは反対する」と耳打ちした。


dispatch_20140930132319397.jpeg


④ワールドツアー:直ちにファンとの約束にも支障が生じる可能性があるという懸念である。実際に少女時代は
9月30日から来年1月4日までの約3ヶ月間ファンミーティングを進行する。

ジェシカが個人の仕事に集中する以上、長期間のファンツアーは難しくないかという判断である。それもそのはず、
これまでスケジュールの調整などで数回摩擦が生じたりした。

'少女時代'のある側近は「ジェシカに残留および脱退に対する立場を尋ねた」としながら、「ジェシカは両方
あきらめることができないと話したと聞いている。意見の相違が狭めれていないようだ」と伝えた。


dispatch_20140930132319487.jpeg


⑤ジェシカ:彼女はくやしいという立場だ。「自分はグループ活動に最善を尽くした」という主張である。
また、脱退を勧められたのは不合理だという指摘である。

現在会社とメンバーらはジェシカの選択と集中を望んでいる。'少女時代'のメンバーとして活動した瞬間、
'少女時代'が順位1位でならなければならないという考えである。

最終的にジェシカの真正性が重要である。少なくとも、仲間たちの目にはタイラー、あるいは個人事業が優先であることが
映し出されている。そのような葛藤が今の形で爆発したのだ。






自動翻訳を利用しています。



タイラー・クォンさんとは
在米韓国人の事業家、ニューヨークに本社のある投資会社コリデルキャピタルパートナーズの芸能事業部CEO
(この方、香港のジリアン・チョンの元彼。同棲までして10カ月で破局。最後の方はジェシカと二股だったのでは
という疑惑も。
ちなみにジリアン・チョンはエディソン・チャンとの例の大スキャンダルの主人公)



『少女時代 ジェシカの脱退説にSMが公式発表「8人体制で活動する」(全文)』

『少女時代 ジェシカ、脱退説に「信じていた人たちに傷つけられた」』

『“ジェシカを暗示?”少女時代 テヨンが前日に更新したSNSが話題に』




朝見た時はてっきりハッキングだと思いました、だってまさかねぇ。

SMにとってもジェシカを脱退させるのは苦渋の決断だったのでは。。。
ソシはSMにとってはいまだに大きな収益をあげられるドル箱グループだし、恋愛よりも脱退の方が
ファンにとっての失望は大きいしね。
株価が下がるのも目に見えてただろうし。
それでも敢えて脱退させたのは、副業が本業になりそうだったから?
ジェシカのブランドは香港、中国、シンガポールなどいくつかの都市に出店が決まっていて、その他にも
どこかのブランドと共同で・・・ってのもあるらしく、ソウルでカフェとかメガネ屋の副業やるのとは桁違いらしい。

4,5人のグループならスケジュールを調整して・・・ってこともできるんだろうけど、9人もいればスケジュールを
合わせるのも大変、副業を本業と考えてるメンバーに他のメンバーがスケ合わせるなんて、当然不満も出るよね。
ジェシカはソシに籍を置いたまま「ソシのジェシカ」として事業を展開したかったんだろうけど・・・
とにかくジェシカの行動が手に余っていた、残りの8人のことを考えて仕方なく脱退させたって感じなのかな。
あくまで私の勝手な予想。

熱愛説が出た時に認めなかったのは、このタイラー・クォンという人物がSMにとって不利益な人物だったからかね。
ジェシカにとっていい人ならいいけどさ~。

ソシ再契約の時に、それぞれ契約内容が違うって言ってたけど、SMはそれなりの内容でジェシカと契約してたよね、きっと。
副業については譲歩しつつも、営利企業としては譲れないとこもあるだろうし。
内容によってはジェシカの契約違反なんてことあったりして。
ジェシカとしては円満な形で活動休止したかったんだろうけど、そうならなくてweiboであくまで自分は
ソシを優先に考えてたのに・・なんて言ったのかしら。
とにかく想像は尽きない(笑)


YGも麻薬密輸嬢をばっさり切るぐらいの気概を見せてほしいわ。

今年のSMはほんとに続くね。
ジェシカで終わりにしてほしいわ。
ルハン、どうなるんだろう。。。

セフンインスタの全員アンフォローも気になる!!!










nice!(2)  コメント(6) 

『テティソ‘Holler’、日本歌手がすでに2007年に発表した曲?リプロダクション曲と確認されて』 [少女時代]



スポーツ朝鮮の記事


韓国はもちろんアジア音楽市場まで強打した少女時代-テティソの新曲「Holler」がリメイク議論に巻き込まれた。

16日公開された「Holler」は、リアルタイムに続いて7つの音源チャート日刊1位占め、アジアの9つの地域の
iTunesアルバムチャート1位など、海外各国のチャートで上位圏を記録している。このような中、各種掲示板には
「Holler」と似た曲がすでに2007年日本で発表されたという疑惑が提起された。

問題の曲は日本の女性歌手Mizrockが発表した「Hello Me!」。この曲を聞いたネチズンたちはほとんどが
「テティソのHollerとまったく同じだ」と言うほどなので、むしろ盗作論議が頭を上げることができないほどであった。

しかし、テティソの所属事務所であるSMエンターテイメント側は新しいアルバムの紹介資料で「Holler」が既存に
発表された曲であった説明を全くしていないので音楽ファンたちの気がかりなことをより育てている。
韓国音楽著作権協会に登録された「Holler」の作曲家は、外国人ENGH ANNA SARA CHRISTINAと
BOSTROM FREDRIK HAKANとなっている。

これに関連しSMエンターテイメントは「作曲家が同じ曲をテティソと日本の歌手に与えた」とし「テティソが発表した
Hollerは作家の原曲で、ソースと構成などを変更するリプロダクション作業を介して誕生した曲で、SMが日本を
含めてワールドワイド音源使用権限を持っている」と説明した。

最終的に「Holler」はMizrockが歌った「Hello Me!」を単にアレンジだけ新しくして歌ったリメイクではなく、
ソースと構成自体を変えて新たに誕生した曲とのこと。

実際に「Holler」のようにリプロダクション作業を介して発表されるケースは全世界的に多くの試みがされており、
一般的なケースといえる。SMエンターテイメントでもリプロダクション作業を介してヒット曲をたくさん作り出したが、
東方神起の「呪文」、SHINeeの「酸素のような君」「ジュリエット」などがその代表的なケースだ。

一つ明らかな事実は、テティソが歌った「Holler」がMizrockが歌った「Hello Me!」より良い反応を得てアジア各国で
人気を集めているということ。

一方テティソは18日Mnet'Mカウントダウン'を皮切りに、20日MBC'ショー!音楽中心'、21日SBS'人気歌謡'など
各種音楽プログラムに出演して新曲舞台をプレゼントして本格的な新しいアルバム活動に乗り出す。去る16日に
カムバックショーケースで披露し、大きな関心を集めているタイトル曲「Holler」はもちろん、さまざまな収録曲の
舞台も準備した。'Mカウントダウン'で「Adrenaline」、'ショー!音楽中心'で「Whisper)」、'人気歌謡'で「Only U」を
共に披露する予定で、テティソのより多彩な音楽と魅力に会うことができると思われる。

加えて、17日テティソ公式ホームページやフェイスブックSMTOWNページなどを介して新曲「Holler」のMVも公開、
テティソの洗練されたパフォーマンスとスタイリッシュなファッション、感覚的なセットなどが調和した華麗な色彩の
多彩な見どころで、グローバル音楽ファンたちの注目をひきつけており、「Holler」のブームはさらに強まる見込みだ。





自動翻訳を利用しています。





この記事じゃなくて、テティソカムバの記事についてた韓国の一般の人のコメント見てたら、
少女時代よりテティソの方がいい、、、というコメント結構あった。

衣装や振付が華やかで視覚的なソシより、曲と歌唱力で十分いけるテティソの方が一般ウケいいのかな。

私はMカのアドレナリンの衣装可愛くて好きだけど^^





nice!(1)  コメント(6) 
前の10件 | - 少女時代 ブログトップ