So-net無料ブログ作成
検索選択
韓国ドラマ ブログトップ
前の10件 | -

『'花郎'、期待したが過度に生ぬるい』 [韓国ドラマ]





スポーツ東亜の記事


「花郎」、期待したが過度に生ぬるい

KBS2月火ドラマ「花郎」が、パク・ソジュン、パク・ヒョンシク、コ・アラをはじめ、イケメン花郎を大挙出演させたが、
ぬるい話題性に大きな反応を得られずにいる。

視聴者流入を妨げる要因は、中心のストーリーの不在のためである。「花郎」には、すべての内容と関係を結集させる
重心がない。「成均館スキャンダル」(2010)、「雲が描いた月明かり」(2016)のようなフュージョン史劇ジャンルだが、
先の作品がロマンスを中心に枝を描いて出て行ったのとは異なり、「花郎」は花郎の業績を照らすことも、かといって
ロマンスだけに集中もしないあいまいな展開を続けている。


20170125112552280ukbg.jpg

20170125112552447pvwj.jpg


原因は編集にある。100%事前製作である「花郎」は、編集、CGなど後半作業でドラマの完成度を高めることができる
機会を持っていた。それでも自ら駄作の道に向かう。
雰囲気に合わず、シーンごとに途切れるOSTの爆撃、感情没入を妨害する編集が「花郎」の集中度を低くする。
青春の爽やかな姿の後には、必ず権力や競争で深刻化した青春と大人の姿が登場する単純な構成が60分にわたって
繰り返される。粗末な編集は、青春のロマンスさえ美しく表現できず花郎同士の気力の戦いも軽く描き出す。

このような編集は、「花郎」が何を見せようとするのかを明確にすることができず、複数の話をバラバラに貼りつけたような
印象を与える。

製作陣は初放送後、「正統史劇ではない。'成均館スキャンダル'で始まったKBSの時代劇版'学校'で見てほしい。
花郎という歴史的な素材を大きな枠組みで借用しただけで、私たちはフュージョン時代劇である。気軽に楽しんでほしい」
と要請した。

しかし、気軽に楽しむには「花郎」の完成度は負担になるほど残念ではないか。








自動翻訳を利用しています。








イ・ミノとチョン・ジヒョンの「青い海の伝説」よりも「花郎」の方が見たいかも。
パク・ソジュンは雰囲気イケメンだから時代劇のヅラが似合うのか微妙だけど、でもパク・ソジュンの花郎は
かっこいいのではないかと思うのよねぇ。
視聴率は10%ぐらい。最近のドラマは2ケタいけばいい方かな。
アイドルは1作品1人でいいと思う。。。


「青い海の伝説」の放送が終わったら、ニョルの「ミッシング9」ももう少し視聴率上がってほしい。
















nice!(2)  コメント(6) 

『[単独]ヘリに続いてカン・ハヌルも出演不発...主演失って漂流した'ピクニック'』 [韓国ドラマ]




日刊スポーツ(韓国)の記事


MBC「ピクニック」主演で議論されたヘリに続いてカン・ハヌルの出演も不発になった。

ある放送関係者は6日午前、日刊スポーツに「カン・ハヌルの(ピクニック'出演もやはり不発になった。何度も出演の
有無をめぐり製作会社とミーティングを持ったが、最終的に固辞したと聞いている」と伝えた。

ヘリとカン・ハヌルは「ピクニック」の出演を肯定的に検討し、下半期撮影を開始する予定だった。しかし、ヘリは
ガールズデイ完全体カムバック日程とドラマのスケジュールがかみ合って、アルバム活動に集中することにして、
最終的に固辞した。ヘリに続いてカン・ハヌルまで出演しなくなり、「ピクニック」はドラマのサブタイトル(漂流日記)
のように主演俳優を失い漂流した。

現在、「ピクニック」の制作陣は撮影のための設定を進めている。主演俳優の席は空いているが、下見も予定通りに
進行して撮影準備の真っ最中という伝言だ。

「ピクニック」は、当初「ガイア」でタイトルを変えたドラマで来年MBCに編成された。韓・中トップアイドルを載せた
飛行機の予期せぬ引き返しと無人島不時着、現実には不可能のような愛のファンタジーを盛り込んだ
ヒューマンアドベンチャーロマンチックコメディだ。EXOチャニョル、イ・ソンビン、장위안、オ・ジョンセ、チャオル、
カン・ミヨンなどが出演する予定だ。








自動翻訳を利用しています。








この記事が出てから、ピクニック側が「カン・ハヌルとはまだ協議中」とコメント。

もう撮影も始まってるみたいなのにね。
主演俳優と女優が未定なんて。
アイドルの演技と事前制作ドラマが叩かれてる中で、このドラマのキャスティングは相当難航しそう。







nice!(4)  コメント(0) 

『100%事前製作ドラマに近づいた危機..信じた「月の恋人」まで崩れて』 [韓国ドラマ]





クッキーニュースの記事


第2の「太陽の末裔」になるかもしれないという期待を集めたドラマがあります。まさにSBS新しい月火ドラマ
「月の恋人-歩歩驚心:麗」(以下月の恋人)です。「月の恋人」は、製作費だけでも100億ウォン以上が投資されただけでなく、
歌手アイユをはじめ、俳優イ・ジュンギ、カン・ハヌル、ホン・ジョンヒョン、ジス、EXOベクヒョンなど超豪華出演陣を
誇っていました。5ヶ月間続いた撮影はすでに7月に終え、中国に一回当たり40万ドルの版権販売が完了した状況です。
放送前まで「月の恋人」が失敗する理由を探すのは大変でした。

しかし、実際に蓋を開けてみると予想とは違いました。29日、1、2回が連続放送された「月の恋人」は公開直後
貧弱なストーリーと不足している俳優たちの演技力に論争を引き起こしました。国内初のUHD専用のカメラで
撮影したという映像はきれいだったが、その中に入った中身が問題でした。他の俳優たちと明確な違いが目立つ
アイユとベクヒョンの演技力がネチズンたちの間でずっと広く知られているほどです。

結局「月の恋人」は、初回視聴率7.4%(ニールセンコリア基準)を記録して同時間帯最下位を記録してしまいました。
30日に放送された3回の視聴率が7.0%に下落を見せ反発の可能性さえ消えています。第2の「むやみに切なく」
になるのではないかという予測まで出ました。

このように「月の恋人」への期待と失望が交差することができたのは100%事前製作ドラマであるからです。
100%事前製作ドラマは、一般的なドラマより相対的に大きい額の製作費をかけて、長い時間撮影します。早く撮影を
終えるおかげで後半作業も余裕をもってすることができます。リスクを軽減するために有名な作家や監督はもちろん、
俳優たちの認知度とスター性を考慮してキャスティングしたりします。それでこそドラマの成功を担保に高い金額で
中国に版権を販売することができるからです。

今年初め放送されたKBS2水木ドラマ「太陽の末裔」は、100%事前製作ドラマの代表的な成功事例です。
「太陽の末裔」はキム・ウンスク作家とソン・ジュンギ、ソン・ヘギョの出会いで放送前から話題を集めました。
韓国と中国で同時に初放送された「太陽の末裔」は最高視聴率38.8%を記録し、絶大な人気を集めました。
ソン・ジュンギが中国で代表的な韓流スターとして浮上したりもしました。

しかし、その後も常勝疾走するようだった100%事前製作ドラマは下り坂を歩き始めます。「太陽の末裔」ほどの
人気を集めるものと期待を集めたKBS2水木ドラマ「むやみに切なく」が惜しい成績表を受け取ったのです。
「月の恋人」まで低調な視聴率を記録して視聴者に冷遇され、肯定的であった100%事前製作ドラマを向けた視線が
否定的に変わっている状況です。

100%事前製作ドラマが墜落した原因については、さまざまな意見が存在します。まず、中国市場を過度に考慮したことが
問題ではないかという指摘が出ました。早いストーリー展開やジャンルのドラマが流行している最近の韓国ドラマの
雰囲気ときめが違うという話です。

また、俳優たちの演技力よりもスター性を考慮したキャスティングも問題です。すでに中国で人気を集めている
アイドル出身の俳優たちが大きな配役を引き受けて不足している演技力を表わし、ドラマの没入を妨害するのです。
「むやみに切なく」の主人公を引き受けたアイドル出身女優スジは、初放送直後から演技力論議に苦しめられ、
「月の恋人」のアイユも初めての史劇挑戦で主人公を引き受けてぎこちない演技で酷評されています。EXOのメンバー
ベクヒョンは不足している演技力にも多くの分量に登場して視聴者たちが批判を吐き出している状況です。

100%事前製作ドラマの最大の問題は、視聴者の意見を反映するのが難しいことです。撮影はもちろん、編集まで
完了した状態で開始するため、副作用が出ても対応することは困難なのです。この事実を知っている視聴者も
一度心を変えれば再びそのドラマにチャンネルを回さなくなります。実際に「むやみに切なく」は、初回12.5%の
視聴率を記録して以来、24日放送された15回の7.7%を記録するまで安定した下落を示しました。

今年下半期に100%事前製作ドラマが二編さらに電波に乗る予定です。10月放送されるSBSドラマ「師任堂、光の日記」と
KBS2ドラマ「ギャラリー:ザビギニング」がその主人公だ。期待に及ばない「月の恋人」の出発を見守った二つの
ドラマの制作陣は、よりしっかりと準備しなければないでしょう。








自動翻訳を利用しています。








「ギャラリー:ザビギニング」はパク・ソジュン、パク・ヒョンシク、コ・アラ、チェ・ミンホ、イ・グァンス
「師任堂、光の日記」はイ・ヨンエ、ソン・スンホンだそうです。
中国で人気のある人がキャスティングされてるわけね。







nice!(0)  コメント(8) 

『イ・ミンホ、スジ、ロンドンデート捕捉..韓・仏・英、秘密旅行(総合)』 [韓国ドラマ]




Dispatchの記事


ソウルで始まった。パリを経て、ロンドンで燃え上がった。韓国とフランス、イギリスを行き来する愛だった。

'韓流スター'イ・ミンホと'K-POPスター'スジが恋に落ちた。2人の愛の前に距離は無意味だった。ソウルとパリの距離
8,972km、パリとロンドンの距離344kmを飛び越えた。

ディスパッチがイ・ミンホとスジのロンドンデートをキャッチした。

去る10日、イ・ミンホとスジが仁川空港に姿を現した。それぞれの目的地は違っていた。イ・ミンホはパリ行(午後2時)、
スジはロンドン行(午後1時)だった。


dispatch_20150323100616927.jpeg
dispatch_20150323100617186.jpeg


それぞれのスケジュールも異なっていた。イ・ミンホはパリで'ディオール'、スジはロンドンで'ALLSAINTS'のグラビアを
撮る計画だった。

しかし、すべての日程が終わった後の動線は一致した。まさに、'ロンドン'だった。


dispatch_20150323100617347.jpeg


D-デイ、2人のデートの日は15日だった。イ・ミンホはこの日、すべてのスケジュールを終えた。そして、彼が向かったのは
パリ北駅。ロンドン行き'ユーロスター'に乗った。

同じ時刻、ロンドンのザ ウォルドルフ ヒルトンホテル。スジはグラビア撮影期間滞在したウォルドルフから
チェックアウトを終えた。彼女が待っていた人は他でもないイ・ミンホ。

スジはイ・ミンホがロンドンでレンタルしたベンツに乗った。続いて二人はロンドンの最高層ビルである'The Shard'に
向かった。そこにはシャングリラホテルがある。


dispatch_20150323100617502.jpeg


イ・ミンホとスジは隠密に、慎重に動いた。ロンドンの人の視線を避けて時間差で移動した。スジが先に車から降り、
少しの間隔を置いてイ・ミンホが続いた。

???はロンドンでも有効だった。スジはフードジャンパーをかぶり、イ・ミンホはマフラーで顔を包んだ。その二人は
周囲の視線を避けシャングリラに入城した。

ロンドンでのデートはイ・ミンホが主導した。イギリスは韓国とは異なり運転席が右側にある。走行車線も反対だ。
しかし、イ・ミンホは直接車を運転してロンドンドライブを楽しんだ。


dispatch_20150323100617663.jpeg


これはソウルでのデートのパターンと似ていた。ディスパッチが目撃した先月25もそうだった。イ・ミンホがスジを
ピックアップし、テイクアウトのコーヒーを持って南山を回った。

イ・ミンホとスジは先月23日以降、ほぼ毎日会った。イ・ミンホが海外のイベントに出席するため韓国を空にした日を
除けば、ほとんどの時間を一緒に過ごした。


dispatch_20150323100617810.jpeg


そして二人はヨーロッパで再び二人だけの時間を共有した。2泊3日間、忘れられない思い出を作った。

何よりもイ・ミンホの配慮が目立った。イ・ミンホはパリとロンドンの344kmをいとわなかった。スジが去った18日、
彼は再びパリに戻り、シャルル・ド・ゴールで韓国行きの飛行機に乗った。


dispatch_20150323100617927.jpeg
イ・ミンホとスジは現在2ヶ月目熱愛中だ。

[>]次はイ・ミンホとスジの韓仏英デートだ。


dispatch_20150323100618170.jpeg
in SEOUL

dispatch_20150323100618410.jpeg
PARIS vs LONDON


dispatch_20150323100618572.jpeg
in LONDON






自動翻訳を利用しています。







ロンドンデートはスジもイ・ミノもマネージャーが同行していたとのこと。

2人でロンドンで会うためにそれぞれがスケジュールを入れたのではないとのこと。





いや~、なぜかとてもショック。

なんでスジなんかと・・・。
まだパク・ミニョンの方がよかった。

JYPの株価が下落してるそうですが、カムバ直前、正直パッとしないmissAにとってはいい話題作りになったのかも。
フェイ、ジア、ミンと下着姿のティーザーを披露してるけど、スジも当然続くよね。
あー、それにしてもなぜスジ。
いや、スジは可愛いんだろうけど、うーん。。。
スジのドラマ、2本ぐらいしか見たことないから、どうしてもmissAで安っぽい衣装着て、他の3人よりも
なんか違和感ある感じで踊ってるスジのイメージしかないんだよね(ファンの方スミマセンね)

これじゃEXOが同じ日にカムバックしても話題はすべて「イ・ミノと熱愛中スジがカムバック」なんて全部スジに
持ってかれちゃう。踏んだり蹴ったり。

今「星から来たあなた」を見てハマってるところなので、「相続者たち」視聴中じゃなくてまだよかったT_T


しかし、ディスパッチすごい。
新人は記事にしないとか最低2カ月は追うとかなんかいろいろ取り決めてることがあるんだよね、確か。

ロンドンまで行くぐらいだから中国なんてワケない。
EXOも要注意、タオとかタオとかタオ。
歩きタバコ画像とかも急に出てきたよね・・・
タバコなら全然いいけど。

ジャッキー・チェンの息子ジェイシーが大麻で中国で捕まった時のことを話題にしてたテレ朝の番組で、
中国事情に詳しい日本の大学教授だったかが「中国では芸能人が大麻やってるなんてみんな知ってる」
ジェイシーが懲役6か月の刑になったのは「見せしめ」と言ってた!





nice!(1)  コメント(15) 

「屋根部屋のプリンス」TBSで6月3日より放送 [韓国ドラマ]



main2.jpg


TBSの韓流セレクトで6月3日から放送!

この韓流セレクトって関東ローカル?なのかな。

souさんから「太陽を抱く月」と同じぐらい面白かったと聞いて、絶対見たいと思ってたので楽しみー!


詳しくはこちらへ
http://www.tbs.co.jp/hanryu-select/news/201305.html#d201305101000



その他の私の注目ドラマ

「赤道の男」
5月27日よりBS11 →  http://www.bs11.jp/drama/2163/

「アラン使道伝」
6月11日よりBS11



「屋根部屋のプリンス」と「赤道の男」と「キング~Two Hearts」は韓国で同時間帯に放送されて
視聴率争いしてたんですよね。
最終的にどのドラマが一番視聴率よかったのかはわからないけど。
キング~が脱落したのは覚えてる^^;
でもこれも結構面白かったけどね。。。






【パソコン復活しました!】

水曜日にウイルスにやられ、起動させるたびにどんどん悪化し、データの移行すらできないんじゃないかと
思ってたけど、夫がウイルスを駆除して初期化することなくなんとか復旧!
夜中にラーメン食べたりお風呂入ったりしつつだったらしいけど、私が朝6時半に起きた時にまだPCの前で
最後のウイルスチェックをしていた^^;
スマホでいろいろ見れるとはいえ、やっぱりPCがいい~。
これからはネット見る時は気を付け、そしてバックアップもちゃんとやっておかなきゃと思いました>_<
今日のドリコンに間に合ってよかった!
EXOは12人でMAMAリミックスとHISTORYをやるそうで、Fancamチェックします。

PC使えない間に「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を会社の人に借してもらって読みました。
1Q84より読みやすくて面白かったデス^^



nice!(0)  コメント(16) 

ノ・ミヌ クリスマスイベント「GLAMOROUS X’mas〜NOMINWOONOLIMIT〜」開催 [韓国ドラマ]



Kstyleの記事を転載しています。


tc_search_naver_jp.jpg


「フルハウスTAKE2」で主人公を演じた俳優ノ・ミヌが12月21日(金)日本でクリスマスイベント「GLAMOROUS
X’mas〜NOMINWOONOLIMIT〜」を開催する。

ノ・ミヌは、TBS韓流セレクトにて放送され話題急上昇中の日中韓共同製作ドラマ「フルハウスTAKE2」で主人公
イ・テイクを演じブレイク。これまでも「パスタ〜恋が出来るまで〜」「僕の彼女は九尾狐<クミホ>」などの人気
ドラマに出演を重ね、その甘いマスクとファッション誌ではモデルとしても活躍してきた抜群のスタイルで視聴者
の視線を集めてきた。

今回のイベントは、X’masパーティーと称して、LIVEあり、トークあり、そしてクリスマスプレゼントなども企画中。
韓流スター、ノ・ミヌが2012年、最高のクリスマスをお届けする予定だ。


【イベント概要】
GLAMOROUS X’mas〜NOMINWOONOLIMIT〜
日時:2012年12月21日(金) 開場:18:00 開演:19:00
場所:アイアシアタートーキョー
料金:8,400円(税込)
主催:ノ・ミヌ クリスマスイベント実行委員会
企画:MJ Dreamsys
制作:(株)ヒューストンコーポレーション、(株)アジア・コンテンツ・センター
イベント公式:http://www.asia-cc-event.com




毎日楽しみにしていたフルハウスtake2が今日で終わってしまった>_<

ノ・ミヌが信じられないレベルのかっこよさだった~。
この役のために痩せたのかわからないけど、とにかく細くて(足が)かっこよさ倍増だったのかも。
声がまたステキで♪

ドラマ自体はフツーに面白かったです!
後半、エエエエェェェェ(゜Д゜;)ェェェェエエエエ って思ったエピソードもあったけど(笑)
一挙放送を録画中なのでまた1話から見ます~!!!



無題3.jpg



nice!(0)  コメント(8) 

『太陽を抱く月』特別番組への参加募集 [韓国ドラマ]



韓国歴史ドラマ「太陽を抱く月」が来年1月、BSプレミアムに登場!放送に先立ち、ハン・ガインさん、
キム・スヒョンさんなど出演者をお招きし特別番組の収録を行います。

放送に先立ち行われる「太陽を抱く月」特別番組の収録に、
50組100名様をご招待します!
観覧をご希望の方は、応募アンケートに回答のうえ、お申し込みください。
応募多数の場合は、ブログやツイッターなどで情報発信にご協力いただける方を優先して選考する場合があります。
(アンケートの最後に、情報発信について確認する項目を設けています)

12月9日(日) 集合時間:午前10時  終了時間:午後1時30分(予定)
会場 NHK放送センター内スタジオ



キム・スヒョン生で見れるのか~。50組じゃ全く当たらなさそう。。。

詳しくはこちらへ
http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0176061/index.html


nice!(0)  コメント(2) 

「ビッグ」「太陽を抱く月」放送決定 [韓国ドラマ]



無題0.jpg


コン・ユ主演のビッグがTBS韓流セレクトで放送されるそうです!
フルハウスTAKE2の後ですね。

CROSS GENEのシン・ウォンホくん出てますので必ず見ます^^

詳しくはこちらへhttp://www.tbs.co.jp/hanryu-select/big/






そしてキム・スヒョン大大大ブレイク作品「太陽を抱く月」

無題.png

NHK BSプレミアムで来年1月から放送!

正式なサイトはまだできてませんがこちらへhttp://www9.nhk.or.jp/kaigai/taiyou/


最高視聴率46%だっけ、キム・スヒョン楽しみ!!!




その前にフルハスTAKE2、私の中で今年ナンバーワンのドラマになるかも?

無題00.jpg


nice!(0)  コメント(15) 

フルハウス take2 [韓国ドラマ]



ピが苦手でフルハウスは見たことなかったのですが、teke2の方を見始め
ちょっとハマってます(笑)

156560_l.jpg

ノ・ミヌはクミホしか見たことないけど、クミホの時よりかなりシャープになってて
すごくかっこいいのです!
そして右の金髪のパク・ギウンさん、初めて見ましたがこちらもイケメン!
カクシタルに出てたらしいね。
女の子はアイコニックもいたシュガーのファン・ジョンウム。
シュガーの時からあまり好きじゃなかったけど、この役には合ってるかも?


まだ5話ぐらいしか見てないので話はイマイチわからないけど、劇中でノ・ミヌと
パク・ギウンはアイドルユニットTAKE ONEで活動しててそのユニットがかっこいい。
こんな2人組がK-POPにいたら絶対ファンになると思いながら毎回見てます(笑)


無題.jpg

無題1.jpg



Thanks to HCZA89


2人とも1か月半ほどダンスの練習をしたらしい。
ノ・ミヌは元SMだからバンドグループだったとはいえダンスの練習もしてたのではと勝手に妄想(笑)

日本では今TBSで放送されてるけど、韓国ではなかなか放送局が決まらず、結局ケーブルの
SBSplusで放送始まりました。
日韓同時放送とのこと。




nice!(0)  コメント(6) 

TBS韓流セレクト「僕らのイケメン青果店」 [韓国ドラマ]



無題.jpg

TBS公式サイトhttp://www.tbs.co.jp/hanryu-select/bokuike/index-j.html


TBSで放送されてるの全然知らなくて今日の4話から録画始めました。
デビュー前のCROSS GENEシン・ウォンホくんも出てます。可愛い^^
ストーリーはよくわからないけど、とりあえず見続けてみる。

私のお目当てはチ・チャンウク、T-araのcry cryのMVで一目ぼれ(≧▽≦ )

無題1.jpg

ちょっとミョンスに似てると勝手に思ってます(笑)

チュ・ジフンとの「五本の指」も見てみたい!


ミョンスと言えば「黙れイケメンバンド」、BSジャパンで23日から放送されるんですよね。
楽しみ!!!!!!!


9 (2).jpg



nice!(0)  コメント(6) 
前の10件 | - 韓国ドラマ ブログトップ