So-net無料ブログ作成
検索選択

『[V LIVE]EXOチャニョル「'Ko Ko Bop'、'ウルロン'のように満場一致でタイトル曲になって」』 [EXO]




OSENの記事


EXOのチャニョルがタイトル曲「Ko Ko Bop」のビハインドを明らかにした。

19日午後、ポータルサイトネイバーのVアプリを通じて生中継された「EXOチャニョル、ディオ、ベクヒョン、
セフンeating show - 一緒に食べて」ではEXOのチャニョル、ディオ、ベッキョン、セフンがモクバンを
広げる姿が描かれた。

この日ベッキョンは今回のカムバックについて、「本当に準備たくさんした。久しぶりにカムバックをしたが
今回の活動に期待が多くなる。'Ko Ko Bop'という歌は私の中でダンスが出てくるのではなく、つま先と指先、
首と腰で反応が出てくる」と話した。

セフンは「撮影しながらもよく出てくるような感じがした。歌がとても良かったし、振り付けもよく出てきた。
その上にコンセプトも私たちが望むコンセプトであった。三拍子がぴったり合致した」と伝えた。


201707192135770905_596f52779ca4c.jpg


チャニョルは「私たちが最初に聞いた時、その前にタイトル曲のデモを聞いた時には良い反応だったが、
今回はディテールの説明を聞いて'Ko Ko Bop'を挙げた。みんなの反応が非常に良かった。カイが本当に反応を
よくした。楽しくなって準備をさらに熱心にすることになった」と説明した。
ベッキョンは「'Ko Ko Bop'は本当に満場一致だった。'ウルロン'と似たような感じだった。会社の方々と
メンバーたちがした反応だった。'Ko Ko Bop'もそうだった。会社とメンバーの両方本当にみな好きだった」と伝えた。

チャニョルは付け加えて、「今回の'Ko Ko Bop'は'ウルロン'の考えをたくさん出した。本当にファイティングも
たくさんした。今回の活動をしながら胸がいっぱいだったのは、デビュー以来最も団結がうまくいったようだ。
一緒に遊びにも通ってご飯もよく食べに行く」と説明した。

一方、EXOは18日午後6時、各種音楽サイトを通じて正規4集「THE WAR」を発表した。タイトル曲'Ko Ko Bop'は、
EXOが初めて挑戦するレゲエポップジャンルの曲で、清涼ながらも明るいメロディーが印象的な歌だ。






自動翻訳を利用しています。







ウルロンはリパケのタイトル曲だったよね。
今回もリパケまで期待します^^

V LIVE見れなかったので、この記事のような言い回しをしたのかよくわからないけど、
デビュー以来もっともうまく団結できた・・・っていいようなビミョーなような。




ウナギ焼き達人
1500466881078102.jpg









カルトショー



ビリヤード一番上手いのはギョンス、
セフンはシン・ハギュンと親しくてビリヤード場で目撃される、
ニョルはハマると趣味に時間もお金もかける、ミニカー→ボーリング→今はゴルフ
セフンは今は忙しいのでビビのお世話はお父さんがしてる、お父さんへのメッセージも。。。













去年の活動と違って、今年は露出が多い!
なかなかついていけません!





そういえば、盗作疑惑をかけられました。
MVについてはこちらを見て判断を。見るまでもないですが(でも結構メディアの記事になってます)
https://www.instiz.net/pt?no=4653795&page=1&srt=3&k=&srd=1

曲の方はこちら
https://www.instiz.net/pt/4653846&green=1

韓国のファンたちは相手にもしてないって感じ。









明日はMカで初パフォ見れます!
前夜(The Eve)もやるみたいです!










nice!(1)  コメント(0)