So-net無料ブログ作成
検索選択

『YG歌手'麻薬疑惑'報道記者、賠償責任はない..記事公益性認定』 [K-POP]





聯合ニュースの記事


YGエンターテイメント所属芸能人の麻薬疑惑疑惑を報道したスポーツ新聞記者は、YGエンター側に損害を
賠償する必要はないという裁判所の判断が出てきた。

ソウル高裁民事13部(チョ・ハンチャン部長判事)は、YGエンターテイメントとヤン・ヒョンソク代表プロデューサーが
スポーツ新聞記者のキム某氏を相手に起こした損害賠償請求訴訟で、1審をひっくり返しYGエンター側の請求を
棄却したと29日明らかにした。

先立って1審を引き受けたソウル西部地裁は、キム氏がYGエンターテイメント側の名誉を毀損した点が認められるとし、
それぞれ500万ウォンずつ、合計1千万ウォンを賠償するよう判決を下した。

キム氏は、2015年7月「ファンたちはYGエンターテイメントを'薬局'と呼ぶ。薬物に関連するいくつかの疑惑を明快に
解明していなかったからである、BIGBANG G-DRAGONから大麻の陽性反応が出てきたのに検察が起訴猶予とし、
大衆は麻薬捜査を担当する検察を信頼できなくなった」という趣旨のコラムを書いた。

このほか、記事やSNSなどにも関連記事を掲載した。

これに対しYG側はキムさんが「YGが麻薬事件の温床であり、所属芸能人らが麻薬事件に関わっており、自分たちが
権力層と検察の庇護を受けて事件をもみ消している」という虚偽事実を指摘して名誉を毀損したとして訴訟を起こした。

1審は、該当記事がYG側の社会的評価を侵害する名誉毀損に該当するとし、キム氏の賠償責任を一部認めた。

しかし、2審YG側の主張を受け入れなかった。

裁判所は、「該当記事は、YG所属個別芸能人などの麻薬事件を指摘して、これに対するYGと検察の厳正でない
処分を批判した」とし、「YGが麻薬事件の温床であるか、権力層と検察庇護を受けて事件をもみ消しているという事実を
示唆すると見るのは難しい」と判示した。

また、「団体であるYGと個人である所属芸能人は別の人格」とし、「所属芸能人などの社会的評価を侵害する
麻薬事件がすぐにYGの社会的評価を侵害する事実と見るのは難しい」と説明した。

裁判所はキムさんが「YGがG-DRAGONなどの麻薬に関与した所属芸能人の芸能活動を継続するようにした」と
報道した部分も、「有名芸能人の薬物犯罪後の自粛期間についての問題提起で、記事の公益性が認められる」
として、やはり問題ないと判断した。

YG側は控訴審判決を不服として大法院に上告したが、先月27日に上告を取り下げて判決はそのまま確定した。







自動翻訳を利用しています。









上告取り下げるとか、チェ・スンシルの件でYGも今ままでのようにはいかなくなるね。











CLのこのインスタの画像が非難されてます

1.jpg



日本のタクシーでのこと。

国の恥さらしとかまで言われてる。。。

ダラが番組で解散のことをペラペラ喋るのもなんかイヤ。
最後の曲のことをミンジがまったく知らなかったのも、もうメンバーと全く連絡を取ってなかったってことだし、
2NE1はキレイに終われなかった感じ。
ヤンサも完全にブラピンにしか興味なさそう。


ボムは今年ソロアルバムリリースのウワサがあるとか。でもまだどこの事務所とも契約してないみたいだけど、、












nice!(3)  コメント(5)