So-net無料ブログ作成
検索選択

『[新年インタビュー②]EXOカイ"12年前バレエの代わりにSM選択、12年後'最高'と呼ばれたい"』 [EXO]





スポーツソウルの記事


2017010301000068000004381.jpg


EXOは、スポーツソウルが主催するソウル歌謡大賞と縁が深い。過去2012年のデビュー初年度に参加した
22回授賞式(2013年開催)で新人賞を握ったのに続いて、2014年23回授賞式では、本賞、デジタル音源賞と
大賞を受けた。2015年には本賞、アイチイ人気賞、大賞まで2年連続大賞を獲得した。2016年にも本賞、大賞と
韓流特別賞を受け、3年連続で「3冠王」の栄光も手にした。EXOはソウル歌謡大賞25回の歴史の中で初めて
「大賞3連覇」の奇跡を成し遂げたチームになった。

特にカイは自分の誕生日(1月14日)に開かれた25回授賞式で受賞所感を明らかにして涙を流して話題になった。


-昨年ソウル歌謡大賞授賞式で「誕生日に良い賞を受けて気持ちがいい」という所感を明らかにして涙を流した

「すべての歌謡授賞式大賞は大切ですが、昨年1月の私の誕生日に受けたソウル歌謡大賞のトロフィーは、私の
人生の中で指折りの最高の誕生日プレゼントでした。3年連続での大賞が容易でないことを知っている。ファンが
そのように私たちを支持してくれることを感じたし、その賞が誕生日プレゼントのように感じられました。だから、舞台も
さらに熱心にした記憶が残っています。

その受賞の感想を明らかにして泣いた理由でしょうか?実際には、2015年の活動が個人的に容易ではなかったんです。
ミュージックビデオ撮影で1月から苦労し、しばらく個人的なスランプも経験しました。そうするうちに歌手を夢見る
他の人を見て「頑張ろう。幸せにしよう」と自らを軽く叩いて、気を引き締めたりもしたんです。そのような一年を
送ったが、仕上げをよくして賞を受けることになったじゃないですか。賞はいつも意味がありますが、その賞は
その瞬間大切に感じられました」

生まれて3回目に迎えた酉年だ。12年前の酉年の時は、現所属事務所SMエンターテイメントのオーディションで脱落して
心の傷を抱えていたことを思い出すというカイは、12年ぶりの今年、アイドルグループのメンバーでトップの座に立って
新たな挑戦への熱望を燃やしている。国内アイドル中ダンスにおいて最上級レベルとされるカイは、12年後に
戻ってくる酉年には、自分の名前の前に「最高」という修飾語が付いていたら良いという風に表現した。


-周りを見て、酉年芸能人の特徴があるか

「最も親しい酉年芸能人の友人はシャイニーテミンです。周りに酉年芸能人が多くなくてよくは分からないですが、
私とテミンの共通点があります。物事をよく忘れて大雑把な点です(笑)一つの事に没頭する特性も似ています」


-2017年酉年の活動計画と抱負は

「何か狂ったようにたくさんしたいです。狂ったようにしたいと思い、たくさんしなければならないと思います。
ダンス、歌も当然熱心にしますが、もし新たな課題が与えられた場合、それも最善を尽くしたい。個人的にはファンのために
踊る映像を撮影して、さまざまなチャンネルで披露したいと思います。EXO活動も多くできたらいいですね」


-2017年の終わり頃に聞きたい言葉は

「聞きたい言葉よりも私がしたい話があります。さっきも言ったように、2016年の一年がどうだったかと誰かが聞くなら
'残念だった'と話すことになりますね。2017年の終了時インタビューでは'充実の時間だった。幸せだった'と話すことが
できたらいいですね」


-最近ウェブドラマ「ファーストキスだけ7回目」を撮った。演技に対する欲は

「まだWebドラマ何本かしか撮ってないので演技や俳優について堂々と言うレベルではありません。徐々に魅力を
知っていく段階だと思う。ずっと踊りと歌だけ知って生きてきましたが、演技という容易ではない課題が与えられました。
ところが、次第にその魅力に陥ることになります。たくさん不足しているから、今もたくさん学び、今後も知っていくことが
多いですが、あまりにもおもしろくて、なぜ俳優たちが演技を愛しているかわかるようです。まだ経験は少ないですが、
それでも撮影して幸せだった記憶が増えています。何でもしながら幸せなのが最高なのに、演技もダンスと歌だけの私を
幸せにしてくれると思います。」


2017010301000068000004382.jpg



-12年前の2005年酉年は何をしていたか

「2005年、小学校6年生の時でした。8歳の時からバレエをして中学での専攻にしようと思いました。私とは異なり、
父はSMエンターテイメントオーディションを受けるように言いました。よりによって中学校面接日とSMオーディションが
重なったんです。選択の岐路に立って、私は「じゃあバレエをしなくちゃ」と心に決めました。ところが、父が
「SMオーディションに合格すれば任天堂を買ってあげる」と言ったんです。だからバレエで中学校に行く夢をあきらめ
SMオーディションを受けました。その時は落ちました(笑)。

幼い年齢なのに、一瞬人生を失敗した感じがしました。「当分の間はバレエとアイドル準備を一緒にしてみよう」
という考えで、次の年までバレエとオーディションの準備を並行しました。ピ先輩、マイケル・ジャクソンの映像を
たくさん見た記憶です。SMから連絡が来たのは中2の時の2007年でした。その時SMに練習生でもなく、それより
一段階低い見習いとして入りました(笑)」


-お父さんが全面的に支持したというのが珍しい

「父の本来の夢が美術の方だったのに、家の反対でできなかったそうです。だから、私にはしたいことはすべて
やらせてくれました。幼い頃から美術、音楽など塾という塾はすべて通いました。私が一番興味を持っていた分野が
ダンスでした。だから、8歳の時にバレエを始め、全国大会で優勝もして、かなりしました。

SMオーディションを受けたことも私が望んだのではなく、父が準備してくださったんです。私は8歳の時から
踊った動画をビデオカメラですべて撮っていて、それをSMに送ってオーディションを受けることができるように
してくれました。SMオーディションで落ちるなどの危機もありましたが、父は私を信じていたそうです。
最近会ったら「私はあなたがよくなると分かっていた。客観的に見ても子供の頃あなたは本当に上手だった」と
言ってくれました」


-12年後の自分自身を想像してみるなら

「12年後までは正直想像できません。あまり考えて見なかった部分です。ひとまず私が楽しみを感じられなくなるまで
ダンスをずっと踊ります。面白いですからね、私が踊るのをやめるという考えをするのが容易ではないです。
36歳の時も私はダンスをしているんです。そうでない場合、それに関連した仕事をしているでしょう。個人の希望?
36歳になった時どのような分野に私がいても'最高'という言葉を聞いてみたい。もちろん、維持するのが容易では
ないだろうが、それを逃したくはありません。少なくともダンスという分野においては12年後、''韓国でダンスにおいては
カイが最高'と言われるといいですね」







自動翻訳を利用しています。










nice!(0)  コメント(2) 

『[新年インタビュー①]'酉年スター'EXOカイ"新年迎えワクワク、闘鶏のように情熱燃え上がる"』 [EXO]




スポーツソウルの記事


2017010401000089800005671.jpg


「最近闘鶏のように情熱が燃え上がります。酉年、私の年ですからね」

国内最上アイドルグループEXOで最初に挙げられる'ダンサー'であるカイは、2016年は色々な面で物足りなさが
残る一年だった。チームは相変わらず常勝疾走したが、本人は二度の足首負傷のせいで、4ヶ月余りの間
リハビリに専念しなくてはならず、活動に専心することができなかった。そのためか、2017年丁酉年を迎えた
'酉'カイの覚悟は格別だった。最近会った彼は闘鶏が鶏権力の座を立てるように酉年いっぱい意気込んでいた。


-2016年EXOの活躍がすごかった

「個人的には物足りなさを感じた一年でした。メンバーたちの個別活動が増え、それぞれの魅力と才能を見るせことが
できる機会が増えてきたのは良かったですが、そうしてみると完全体の活動期間が少し減りました。ファンと直接会う機会が
少なかったという話でしょう。ファンサイン会も例年に比べて減りましたし。歌一曲で活動したりしなかったり、
今年は多くの活動をしてファンと疎通する時間を持って舞台にも完全体でしばしば立てたらというのが私の個人的希望です。

メンバー一人一人が感じた2016年はそれぞれ違ったでしょう。演技をしたり、ユニット活動をするメンバーがいて、
その期間に実力強化のための練習をしたメンバーもいました。それぞれ自分の位置で自身を振り返ることができたし、
自身の何を上手にするのか、何をもっとすべきかについて考えることができた一年だったと思います」

カイが属するEXOは、強大なファン層を基に2016年にはどんなチームよりも顕著な興行成績を収めた。昨年6月に
発売した正規3集は、正規1集、正規2集に続きトリプルミリオンセラー(3連続100万枚以上の販売)の新紀元を成し遂げ、
ユ・ジェソクとのコラボレーション曲「ダンシング・キング」も各種音源チャートをさらって愛された。完全体のほかにユニット、
ソロ活動も活発だったが、メンバーレイの中国語ソロアルバム「LOSE CONTROL」、チェンとベクヒョン、シウミンで
結成したユニット「チェンベクシ」も注目された。ディオは映画「ヒョン」の主演を務めた。EXOは、昨年12月に冬の
スペシャルアルバム「FOR LIFE」まで発売して'ヨルイル'する姿だった。しかし、カイ個人的には物足りなさが残る
年でもあった。二度足首を痛め、4ヶ月余りの間リハビリに専念しなければならず、車椅子に乗った姿をファンに
見せなくてはならなかったからである。


-2016年はカイにはどのような一年だったのか

「個人的には物足りなさが残る一年でした。足首をひどくケガして車椅子に乗って移動する姿をファンに見せることもしました。
好きなダンスもまともに踊れずリハビリをしなければならなかったのです。再び怪我するかと思ってストレスもたくさん
受けました。そのためか、体が回復した2016年末から再び自分自身が燃え上がるのを感じました。8時間以上の
個人練習をして闘鶏のように炎を燃やしています。今年が期待されます。酉年、私の年ですからね」


2017010401000089800005673.jpg



-EXOデビュー後、最も良かった瞬間を挙げるとするなら

「一つだけ挙げることはできないと思います。まず、2012年3月31日デビューショーケースの日が思い出されます。
これまで自分のパフォーマンスを他の人に見せたことはなかったので、事実上初めての舞台経験だったんです。
観客の歓声、私が感じた戦慄、決して忘れることができないです。舞台に上がる前たくさん震えたましたが、舞台に
上がって音楽が出てくるのを待っているその瞬間、笑いが出ましたよ。あまりにも興奮し、満足のいく踊りができませんでした。

2012年5月、デビュー直後に出たドリームコンサートも思い出します。ソウルワールドカップ競技場で開かれましたが、
その時スーパージュニア先輩たちの'ソリソリ'を歌いました。大きすぎる舞台でメンバー全員緊張しました。
舞台に出る前に集まって大声を出してお互いの緊張を解き、お互いの力を引き立てました。その舞台に出る前
メンバー全員幸せでファイティングあふれる瞬間があったかと思います。私たちの間で話をする時、その時をよく
思い出します。歌謡授賞式で大賞を受けることもいつも感動的です」


2017010401000089800005672.jpg


-これまでで最も残念だったり大変だった瞬間は

「昨年二回目に足首を負傷したときは本当に大変でした。4ヶ月〜5ヶ月の間休んだんですよ。憂鬱と悲しみから
抜け出すのは容易ではなかったです。그런 걸 이겨낸지 얼마 돼지 않아요。本来誰よりも熱心に練習して、
踊ることが幸せで、舞台に立つことを楽しむ人なのに足を怪我して踊れなくて。したいことができなくなったことです。
スランプになりました。

体は回復しましたが、まだ100%ではないです。この間までは再び怪我しそうなプレッシャーがありました。上手に
できるかというプレッシャーもあります。長く痛いと、ある瞬間ストレスがたまるようです。練習する時も幸せにダンスを
踊らなければならないのに回復した後も、私が練習をしなくてよく休んでいると悟りました。ある瞬間私は何をして
いるのかと思いました。そのため、自分の舞台をモニタリングしても満足しませんでした。私の中の炎が小さくなった感じ
といいましょうか?

昨年9〜10月頃からこれではいけないと覚悟を固めました。今はスケジュールがない日の私の仕事は全て練習だけです。
ダンスの練習5時間、演技のレッスン2〜3時間、歌のレッスン3時間を終えると午前2時です。今年とても期待されます。
まだ舞台で少し鈍くなった感じを自分で持っています。尖った自分の姿が期待されます」






自動翻訳を利用しています。









紙面
2.jpg








nice!(0)  コメント(0) 

『'ミッシング9'チョン・ギョンホ、ペク・ジニ、チェ・テジュン、EXOチャニョル、18日初放送確定... 期待上昇』 [EXO]




シックニュースの記事


'ミッシング9'が初放送日を確定した。

MBC新水木ミニシリーズ'ミッシング9'(クリエイターハン・ジョンフン、脚本ソン・ファンウォン、演出チェ・ビョンギル)が
来る18日初放送される。

チョン・ギョンホ、ペク・ジニ、オ・ジョンセ、チェ・テジュン、イ・ソンビン、パク・チャニョルなどが出演する'ミッシング9'は、
強烈なメッセージで話題を集めた最初のティーザーと「2016 MBC演技大賞」で紹介された映像で視聴者たちの
好奇心を増幅させている状況。

また、'ミッシング9'初放送を6日残した12日の夜10時に特別な放送で視聴者たちを先に会う。
「'ミッシング9'ザ・ビギニング」(仮題)では、撮影現場紹介と共に、俳優たちが直接伝える'ミッシング9'ビハインドストーリーが
盛り込まれる予定である。

大韓民国を衝撃に陥れた飛行機墜落事故と極限無人島漂流記を扱ったMBC新水木ドラマ'ミッシング9'は、
生存するための理性と本能の間の葛藤、事故に対処する様々な人間模様の裏面を緻密かつ繊細に描き出す
スペクタクルミステリードラマ。

しっかりしたストーリーに派手なスケールの映像美が加わって期待を集めており、18日夜10時に初放送される。





自動翻訳を利用しています。








ミッシング9 新年挨拶映像










ギョンス、映画「7号室」台本リーディング現場
無題3.jpg








百度オ・セフンバーが朝鮮日報に出した全面広告
無題4.jpg


この他にセフンデビューティーザー公開5周年を記念してどっかの駅に一ヶ月間地下鉄広告も出すみたい。
あと寄付とかも。








YGがMBCやMnet、tvNのスターPD約10人をYGに引き入れるらしい。







nice!(1)  コメント(0)