So-net無料ブログ作成

『ド・ギョンス"EXOと演技、どちらか一つだけ選べというならEXO"』 [EXO]





世界日報の記事


20161117002547_0.jpg


"個人よりも団体が重要...その痛みを知っている"

"歌と演技並行することができる今の生活に満足"


アイドルグループEXOメンバーであり俳優としても活動しているド・ギョンス(芸名ディオ・23)が、チームの活動と
演技を並行しながら感じた所感を打ち明けた。

ド・ギョンスは17日午後、ソウル三清洞のあるカフェで行われたメディアのインタビューで、「EXO海外コンサートと
出演したい作品の撮影日程が重なったら?」という記者の意地悪な質問に躊躇なく、「EXO舞台に立つ」と述べた。

愚問賢答だった。その理由についてド・ギョンスは、「団体活動で一人抜ければどうなるかをあまりにもよく知っている」とし、
「EXOメンバーに個人活動で絶対被害を与えたくない」と話した。

2014年映画「カート」で映画界に第一歩を踏み出したド・ギョンスは、「純情」(2015)を通じて主演俳優に浮上、
来る24日封切り予定の「ヒョン」でチョ・ジョンソクとツートップ主演を務め、'ブロマンス'演技を広げた。現在、彼は
ハ・ジョンウ、チャ・テヒョンなど綺羅星のような先輩たちと大作「神と共に」を撮影中でもある。

この日ド・ギョンスは、自分の演技力にあふれる好評にずっとどうしていいか分からなくて「作品に迷惑をかけない
ということだ」と謙虚な発言を続けた。

彼は、「俳優としてどのような目標地点があるというよりは、今現在演技を楽しんでいる。歌手と演技者を並行することが
できる今の生活に非常に満足している」と述べた。

「ヒョン」で、彼は嘱望される柔道選手だったが、不慮の事故で視覚障害者となる'ドゥヨン'で分解熱演を広げた。
劇中チョ・ジョンソク(ドゥシク役)と兄弟呼吸を合わせた彼は、「ジョンソクヒョンには本当に多くのことを学び、感じた。
ウェブドラマ'肯定が体質'の演技をする時ジョンソクヒョンを思い出し、多くの参考になった」と明らかにした。

ド・ギョンスは、「演技をしながら私が感じた部分を観客の方々に共感していただける時、最も満ち足りるようだ。
私にはそれ以上の賞賛はない」と話した。

「ヒョン」は、視力を失った元柔道選手'ドゥヨン'(ド・ギョンス)と、彼の前に突然現れた詐欺10犯の兄'ドゥシク'(チョ・ジョンソク)の
不快な同居をコミカルながらも温かいタッチで描いたブロコメディ映画で、来る24日封切りする。







自動翻訳を利用しています。







他の記事より

ド・ギョンスが属するチームEXOは、チェン・ベクヒョン・シウミンがEXO-チェンベクシという名前でユニット活動している。
彼は「チェンベクシの歌がすごく良かった。機会があれば私もユニット活動をしてみたいと思った」とし、
「俳優としても歌手としても失望させたくない。二兎を得ることは難しいことと感じるが、どちらも逃したくない」と
率直に打ち明けた。



ドラマ「大丈夫、愛だ」を経験した後、このドラマで呼吸合わせた俳優チョ・インソン、イ・グァンスはもちろん、
彼らの親しいペ・ソンウ、チャ・テヒョン、キム・ギバン、ソン・ジュンギ、キム・ウビンまで縁を続けている。
ド・ギョンスは「兄たちと会えば一緒にお酒も​​飲んで、生きる話をする。男7人が向かい合ってストレス受けることの
話をしてアドバイスも求める。作品の話もする。弟たちだけでなく、兄たちも弟たちに意見を聞いたりもする」と述べた。
そうそうたる俳優7人のうち末っ子の彼は「兄たちの間で私は末っ子だ。それで多くかわいがってくださる。
感謝申し上げる」と笑った。




ド・ギョンスはメンバーと集まれば演技の話をするのかという質問に、「一緒に集まれば話をする。アドバイスを
求める形式ではなく、これがいいあれがいいと応援してくれる」と明らかにした。





彼は「'大丈夫、愛だ'でチョ・インソンの子役を引き受けたが、チョ・インソンと別れる場面がある。その作品を通じて
演技に対して深く思い入れをするようになったが、特にその場面を撮るとき、今までの歌手活動をしながら
感じなかった複雑微妙な感性を感じた」と打ち明けた。
続いて、「私の人生で初めて感じる'ぐっとくる'だった」とし、「私の中のいくつかの感情が、そのキャラクターと
親密な関係になる瞬間訪れる喜びがあった。'これで演技に陥るんだ'という気がした」と伝えた。
それと共に「その後、演技に対する愛も深まり欲も多くなった。本当に上手になりたい」と愛着を表わした。

(自動翻訳利用)








nice!(0)  コメント(2)