So-net無料ブログ作成

『中国メディア"クリス・ルハン、SM分配率30%...追加協議予定"』 [EXO]




TVREPORTの記事


21日、SMエンターテイメント(以下SM)とEXOの元メンバーであるクリス、ルハンの専属契約効力不存在確認訴訟が
最終的に終えられた中で、中国メディアが両者の立場を分析し報道した。


22日、中国シナ芸能は単独報道を通じて、SMとルハン、クリスの調整内容を大まかに報道した。この媒体は、
両者が専属契約存続と売上分配を合意したと国内で配布されたSM側プレスリリースに基づいて伝えた。


SMとクリス、ルハンの合意と関連詳細については伝わらない状況の中で、シナ芸能は関係者の言葉を借りて
売上分配の割合を伝えた。クリスとルハンは、売上高の30%程度をSMに支給しなければならないということが
報道が明らかにした合意内容。しかし、売上分配率については、クリス、ルハン側がSMと追加で協議を行う予定だと
報道は付け加えた。


報道はSMとの分配程度に関係なく、ひとまずルハンとクリスの中国の活動にはこれ以上の障害がないと見通した。
ただし、報道は二人が「制約的自由」を得たと言及、SMとの契約が有効であることを指摘した。


一方、2014年に訴訟を提起してEXOを離脱したクリスとルハンとSMは複数回の調整の末、裁判所の和解勧告決定に
基づいて訴訟を終結した。SMは21日、報道資料を通じてクリスとルハンの専属契約が2022年まで有効であり、
韓国、日本を除く地域のマネジメント権限をクリスとルハンに委託、売上分配をすると明らかにした。







自動翻訳を利用しています。











画像お借りしました
Cn9vWJzUEAAup0r.jpg
@mrdimple_kl


6万人動員のソウルコン、始まります。



スローガンのフレーズがひどいと韓国ファンたちがボイコットするとかって騒いでる、、、
中国の百度が作成したと言ってる人もいるけど、事実かはわかりません。

살아있네? 역시 엑소

直訳だと「生きてるね?やっぱりEXO」だとか。
どんな殺人だよとか殺したのかって騒いでて笑えるんだけど、検索したところによると
살아있네は「やるね」とか「イケてる」という意味もあるらしい。
感嘆符をつけるべきところに疑問符がついてるのがいけないみたいw

(韓国語は詳しくありませんので間違っていたらスミマセン)






nice!(0)  コメント(14) 

『クリス・ルハン側、'SMとの契約有効・売上分配'すっぽり抜いた立場を発表[全文含む]』 [EXO]





TVREPORTの記事


EXOを無断離脱したクリスとルハンが中国で調停と関連した立場を明らかにした。
所属事務所であるSMエンターテイメントとの売上高分配と契約の存続に対する内容が抜けた声明文を
中国メディアに配布した。

まず、ルハンは21日、中国ルハン工作室公式weiboに声明を掲載し、SMエンターテイメントと合意したと発表した。

ルハン側は声明を通じて、「ルハンが提起した韓国SMエンターテイメント専属契約無効訴訟が正式に両者の
合意に達した」とし、「今後ルハンは、現在の形で中国で自由に芸能活動をする」と発表した。

クリス側吴亦凡工作室も同日SNSに声明を掲載した。クリス側は、「今日吴亦凡とSM間の契約紛争が正式に
終結した」とし、「今日以降吴亦凡は、世界で(韓国日本を除く)の芸能活動と第三者にマネジメント業務委託の
権利を展開する自由を持つようになった」と発表した。

ただし、クリスとルハン側の両方は、原契約の存続と収益分配の言及はない。自分たちの中国活動の売上高を
SMエンターテイメントに一部支払うという事実を隠した。SMエンターテイメントに比較的有利に結論が出たことを
意識したように意図的に関連する内容に一切言及しなかった。

先立って、SMエンターテイメント側の法律代理人太平洋は、韓国のマスコミに報道資料を配布、裁判所の決定
および両当事者間の合意に基づいて、SMとクリス、ルハンの専属契約が原契約どおりである2022年まで存続すると
知らせ、SMがマネジメント権限を委託して活動、それに対する売上高分配をすると発表した。

結論として、SMが韓国、日本以外の地域、すなわち中国、米国などの国での活動の権限をクリス、ルハン側に
委託をする概念であり、クリスとルハンは所属事務所であるSMに中国で稼いだ売上の一部を支給しなければならない。

クリスとルハンは、2014年所属事務所であるSMエンターテイメントに専属契約の効力不存在確認訴訟を提起し、
所属チームであるEXOを離脱して中国で活動してきた。複数回の調停が決裂し、長い法廷闘争を続けてきたが、
裁判所の勧告に基づいて双方が最終合意、訴訟を終結した。



次は、ルハン側ルハン工作室とクリス側憂版工作室の声明全文。




<声明>


2016年7月19日24時、ルハンが提起した韓国SMエンターテイメント専属契約無効訴訟が正式に双方合意に達した。


2014年10月10日、ルハンは韓国ソウル中央地方裁判所に専属契約効力不存在確認訴訟を正式に提出した。
8回の調停でルハンとルハン工作室は、最終的に裁判所で両側弁護団の不断の努力の下、ルハンとSMが
合意に達した。


以降、ルハンは、現在の形で中国で自由に芸能活動をする。


過去2年間の間、ルハンとルハン工作室は、韓国の法律事務所ハンギョルと中国弁護団の努力に感謝し、
すべての合弁パートナーや顧客の支持と理解に感謝し、信じて共にしてくれたルハンのファンに感謝する。


今後長い間、まだ処理して解決しなければならない関連事案が多いが、感謝の気持ち、友好的な交渉態度を
維持し、今後より良くなることを期待する。再び私たちに関心を持って共に歩いてくれた方々に感謝する。
皆さんがいて感謝している。


ルハン工作室


2016年7月21日







<声明>


吴亦凡(クリス)が帰国して以来、原所属事務所であるSMエンターテイメントとの所属関連問題が各界の関心を
受けたために、次のように発表する。


今日で吴亦凡とSM間の契約紛争が正式に終結した。今日以降吴亦凡は、世界で(韓国日本を除く)の芸能活動
及び第3者にマネジメント業務委託の権利を展開する自由を持つようになった。


工作室は吴亦凡に代わり、メディアと各界同僚の支持と関心に感謝し、特に、長年にわたって守って愛してくれた
ファンに感謝する。吴亦凡は、今後より多くの仕事を通じて皆さんの期待に報いる。


吴亦凡工作室


2016年7月21日






次は、SMエンターテイメント側プレスリリース声明。

エス・エム・エンターテイメント、クリス、ルハン間の訴訟終結





株式会社エス・エム・エンターテイメントとクリス、ルハン間で韓国で提起された訴訟が裁判所の和解勧告決定に
基づいて終了しました。


合意内容を具体的にお知らせすることはできませんが、裁判所の決定および両当事者間の合意に基づいて、
株式会社エス・エム・エンターテインメントとクリス、ルハンと締結された専属契約は、原契約どおり2022年まで
有効に存続することを確認しました。クリス、ルハンは大韓民国と日本を除く地域でエス・エム・エンターテイメントが
マネジメント権限を委託して活動をすることになり、クリス、ルハンはエス・エム・エンターテイメントにそれに対する
Revenue Share(売上分配)をすることになります。


上記の内容に加えて、事実と異なる内容が報道されないようにご協力をお願いいたします。










自動翻訳を利用しています。











nice!(0)  コメント(2)