So-net無料ブログ作成

『EXOチャニョル主演韓中合作映画「アンチファン」、中国チケット販売操作で投資収益'ぷっつりと'』 [EXO]




NEWSPIMの記事


6月30日、中国で公開されたEXOチャニョル、袁姍姍、少女時代ソヒョン主演の韓中合作映画「だから、私は
アンチファンと結婚した(以下「アンチファン」)」が中国の映画館業界の'慢性病'ボックスオフィス操作に巻き込まれた。

中国メディアの報道によると、「アンチファン」のボックスオフィス収入はすでに6363万元(約109億ウォン)を超え、
人気の下に上映中だ。

しかし、「アンチファン」の映画制作会社兼配給会社のボナ・ピクチャーズ(博納影業)の劉歌代表取締役が3日夜、
公開書簡を通じて、いくつかの映画館が「アンチファン」のボックスオフィスを操作したと'暴露'して中国映画界の
上映収益操作問題の議論が再点火されている。

一部の映画館が、実際のチケット販売収入を実際よりも大幅に縮小、中間の不当利得を取って映画制作会社に
損害を与えていると劉代表は非難した。

劉代表は、今後アンチファンのボックスオフィスを操作したことが明らかになった映画館に映画配給を中断させると
強硬な口調で警告した。ボナピクチャーズは、一部映画館のこのような操作行為でチケット販売損失額が少なくとも
(現アンチファンボックスオフィス収入の)半分に達すると主張した。


1607051538300330.jpg


実際にボナピクチャーズは、先に配給した「烈日灼心」、「後會無期」、「智取威虎山」、「澳門風雲」などが
ボックスオフィス操作に巻き込まれるとすぐに、便法を犯したその映画館約30カ所に映画供給を中断していた。

劉代表取締役が公開書簡を通じて、すでに根が深くなっている中国映画館の興行操作行動を非難した理由は、
アンチファンの俳優と製作陣に韓国人が大挙布陣しているためとみられる。劉理事は、「韓国側に恥ずかしく、
到底頭を挙げることができない」とし、「他の韓中合作作品も私たちと同じ状況を経験している」と述べた。

韓中共同制作映画であるだけに、中国映画館のチケット販売額操作行為は韓国の投資家たちにも被害を与える。

続いて彼は去る4日、中国経済メディア財新とのインタビューで、「映画館がボックスオフィス操作をする理由は、
関連する法律が全くないうえ、少額だけで販売操作が可能で、処罰の強度が低いため」とし、「これは国家税収の
問題と直結して脱税の罪に該当する」と強調した。

また、正確なボックスオフィス操作の規模は集計できないが、このような映画館の不公正違法行動は、今年中国全体の
興行収入600億元(約10兆ウォン)達成目標に悪影響を及ぼすことを懸念した。

中国共産党機関紙人民日報は、昨年の映画館の興行操作による損失額を最小45億元(約7800億ウォン)と推算した。
昨年、中国全体の興行収入(440億6900万元)の10%水準だ。

ただし、劉理事は主に2・3線地方小都市でボックスオフィス操作が深刻なだけで、北京、上海などの1線都市では、
現在これらの現象はほとんど見られないと付け加えた。大型映画館チェーンはブランドの評判を重視するからとの説明。


1607051543280550.jpg


地方小都市の映画館チケットの販売を操作する方法は簡単である。これらの映画館は100%コンピュータシステムで
発券することなく、直接チケットを作成したり、独自のクーポンなどを発行する。したがって映画館と配給会社が
全国のコンピュータシステムに集約されたボックスオフィス収入で収益を分けるとき、これらのチケット販売額は
含まれず、そのまま現地映画館のポケットの中に入る。

この方法の他にも、観客入場後にチケットを発券したり、最初から発券していない場合もあり、映画・ポップコーン・コーラの
パッケージチケットを販売した後、配給会社は最低水準で収益を分けられたりする。劉代表取締役は、「技術が
発達した今では、最初からコンピュータ発券システムを二つに分ける場合もある」とし、「発券システムのセキュリティが
あまりにも脆弱でハッキングも簡単に露出している」と吐露した。

一方、2013年にヒットした恋愛映画「致青春、値青春」で有名なのライトメディアもまた、2・3線地方小都市の映画館の
興行操作行動を皮肉ったことがある。当時、王長田ライトメディア総裁はSNSウェイボで、映画館のチケット販売
操作行為を公然と非難し、業界関係者の推定結果、約20%のボックスオフィス収入が歪曲されていると主張した。

このような一部映画館の興行操作行動を阻止しようと、中國電影集團公司、ファイア・ブラザーズ、ボナピクチャーズ、
星美、イルライトメディアなど中国の大型映画製作会社は、先立って2011年第3者市場監督機関である
「眾大合聯市場咨詢有限公司」を共同で設立している。しかし、人材が不足して雨後の筍のように生じている
映画館をすべてカバーできていないという状況である。
映画産業を管轄する国家新聞出版総局もまた、適用法律の用意など映画館の興行操作行為を処断するための
措置を設けているが、今のところこれといった効果は出せずにいる。










自動翻訳を利用しています。








これとは別に、映画配給会社側が映画の興行成績のために何億も使ってチケットを買い上げ水増しして
1か月の業務停止命令を受けたっていう記事も読んだことある。

まあ、ニョルの映画は健闘してるってことで。











EXO Part Collection - KAI

cr:Mnet Official



EXO Part Collection - CHEN

cr:Mnet Official



シウミン、セフン、ベクに続いてカイとチェン!

カイ、3年目まではほんとにかっこよかったT_T




そういえば、NCT127のデビュー曲(!)が「消防車」というタイトルらしいけど、韓国のファンが
「恥ずかしい、でもEXOのウルロンも最初はとても恥ずかしかったけどあれだけ売れたから
消防車にも期待する・・・」とかって言ってて面白かったw














nice!(0)  コメント(4) 

『EXO元メンバー、クリス実父、中国有名人と明らかになって』 [EXO]




電子新聞エンターオンニュースの記事


article_051038087768151.jpg
article_05103808776815.jpg


EXO元メンバーのクリス(吴亦凡)の実父が中国で影響力のある著名人だと明らかになった。

4日、中国メディア관아이바과에によると、クリスの実父として知られた이카이밍は、80年代の末、中国最高学府である
清華大学を卒業して故郷の武漢に戻り、武漢水力電子学院で修士課程を終えた。

現在は、中国科学技術院華南支部所長、中国国家環境保護汚染統制国主任、中山大学兼任教授として過ごしている。

一方、クリスは両親離婚後10歳の時にカナダに移住した。以降母の姓を取って吴姓に改名した。







自動翻訳を利用しています。








クリスの元の名前は李嘉恒。

お父さんがそんな高学歴ですごい職に就いてる人だとは思ってなかったわ。

クリス、こう言っちゃなんだけどお父さんに似てる(笑)







【追記】

『クリス、スキャンダルに実父論議まで...悪材料また悪材料』


似てると思ったけど、、、

どこまでが事実でどこまでがガセなのかイマイチわからない。








nice!(5)  コメント(2)