So-net無料ブログ作成

『裁判所"SMエンター、自社ブランド「SUM」使用できない"』 [K-POP]




メディアペンの記事


裁判所が芸能事務所SMエンターテイメントが設立した会社であるSMブランドマーケティング「SUM」ブランドを
使用すべきでない30日に決定した。

ソウル中央地裁民事合議61部(ユン・テシク部長判事)は、LG生活健康がSMブランドマーケティングを相手に
提起した商標権侵害禁止請求などの訴訟で原告勝訴の判決を下した。

LG生活健康は「SU:M」などのブランドを2008年から登録して使用し、化粧品や健康食品、飲料、菓子などを
販売している。

SMブランドマーケティングは、2015年から「SUM」ブランドを活用してSMエンターテイメント所属歌手たちを
モデルにした化粧品や健康機能食品、飲料、菓子などを売っている。

これに対し、LG生活健康は「SUM」ブランドが自社のブランドである「SU:M」と類似していて不正競争防止法で
定められた不正競争行為に該当するとし、訴訟を提起した。

一方、SMブランドマーケティングは、LG生活健康のブランドが「숨」と呼称されるが、自分たちは「썸」であり、
主要な顧客の年齢層が異なり、商標権侵害行為ではないと対抗した。

裁判所は「被告(SMブランドマーケティング)の行為は、取引者や一般の需要者に商品やサービス業の
出所について誤認‧混乱させる恐れがあり、商標権の侵害行為になる」と決定した。

ただし、SMブランドマーケティングは4億5000万ウォンを担保にした強制執行停止を申請し、
ソウル中央地裁民事合議62部(ハム・ソクチョン部長判事)は、これを引用した。

これにより、控訴審宣告まで「SUM」ブランドの使用が可能になった。







自動翻訳を利用しています。









nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。