So-net無料ブログ作成
検索選択

『ド・ギョンス主演「7号室」、カンヌでポスター初公開'アジア反応熱く'』 [EXO]





スポーツ朝鮮の記事


2017051901001586500112751.jpg


EXOのメンバード・ギョンスが主演を引き受けた映画「7号室」(イ・ヨンスン監督、ミョンフィルム制作)が
カンヌ映画祭マーケットで初公開された。

第70回カンヌ国際映画祭が17日(以下現地時間)盛大に火ぶたを切った中で、全世界で最大規模を誇る
フィルムマーケットもバイヤーから注目を受けて熱気が続いている。

国内配給会社もマーケットにブースを開き、海外バイヤーらと販売に熱を上げている状況。特に目を引くのは、
ロッテエンターテイメントの代表セールス作品で乗り出した「7号室」である。ロッテエンターテイメントブースに
全面登場した「7号室」のポスターは、強烈なオレンジ色のカラーのドアをイメージ化してバイヤーの足を
捕まえている。

続いて公開されたもう一つの「7号室」のポスターには、7という文字の中にシン・ハギュンとド・ギョンスが
並んでいる姿が印象的だ。二人の風変わりな変身が断然引き立つポスターだ。

今年のカンヌ映画祭のフィルムマーケットで本格的にセールスを開始した「7号室」は、特にアジアで
多くの関心を集めているという裏話。


2017051901001586500112752.jpg


ロッテエンターテイメントフィルムマーケットを担当する関係者は18日、スポーツ朝鮮とのインタビューで、
「EXOのメンバード・ギョンスの新作であるだけに'7号室'は、他の作品以上に熱い関心を受けている。
特に日本と中国などアジア圏のバイヤーの問い合わせがあふれている。今回のカンヌ映画祭のフィルムマーケットで
本格的に'7号室'セールスを開始したが、マーケット序盤から熱い反応を得ており、内部でも販売への期待が
大きい」と明らかにした。

一方、「7号室」は、ソウルの滅び行くDVD部屋7号室に各自の秘密を隠すことになったDVD部屋社長と
アルバイトがますます絡まる状況を抜け出すのに苦労する物語を描いた作品である。シン・ハギュン、
ド・ギョンス(EXO)、キム・トンヨン、キム・ジョンス、キム・ジョング、パク・スヨン、ジョンソクホ、
ファン・ジョンミン、チョン・ヒテなどが加勢し、「10分」を演出したイ・ヨンスン監督がメガホンを取った。
今年の下半期封切り予定。







自動翻訳を利用しています。











nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。