So-net無料ブログ作成

『前EXOタオ"毎年一定金精算" vs SM"公平性ずれ"』 [EXO]





スターニュースの記事


専属契約紛争を繰り広げている人気アイドルグループEXO出身中国人タオ(24・中国名黄子韬)と
SMエンターテイメント(以下SM)が精算方式をおいて、相変わらず立場の差を狭められずにいる。

24日、ソウル中央地裁民事合議42部の審理で、タオとSMの専属契約効力不存在確認訴訟8回弁論期日が
行われた。今回の裁判は、昨年9月に両者の調整が決裂した後、初めて持つ弁論で関心が集まった。

両者は精算方式について引き続き異見を見せていることが分かった。この日の法廷でタオ側弁護人は
「毎年いくらか一定の金額を精算する方式を提案したが、被告側で受け入れ難い部分がある」と説明した。
これに対し、SM側弁護人は「従来事件と公平性を考慮している」と主張した。

裁判所は、両者を呼んで4月7日弁論を終結させる宣告期日を行うことにした。

一方、タオは2015年8月専属契約を無効にしてくれとSMを相手に訴訟を起こした。訴訟に先立ち、彼は
EXO脱退を示唆して中国に帰って中国ワークショップタオ工作室を設立し、独自の活動に乗り出すこともした。

タオ側弁護人は、SMとの契約の不公正性を主張したが、SMは「公正取引委員会が提示した標準的な
4取引契約書をもとに結んだ契約であるため、問題になることはない」と反論した。







自動翻訳を利用しています










nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。