So-net無料ブログ作成
検索選択

『音源チャート改革、'0時オールキル'消える』 [K-POP]




スポーツ朝鮮の記事


音源チャート深夜12時(0時)音源発売が消える可能性が高まった。

15日複数の歌謡関係者によると、メロン、Bugs、ジニ、Mnet、ソリバダ、ネイバーミュージック、モンキー3などの
国内主要音源流通社は一部チャート運営の改編を進めている。早ければ今月末から施行される改正案によると、
毎時間ごとに順位が変動するリアルタイムチャートは従来通り維持するが、0時に発売される音源に限って、
リアルタイムではなく翌日の午後1時からチャートに反映される。

正午12時から午後6時までに発売された音源に限りリアルタイムチャートにすぐに順位が反映され、
それ以外の時間に音源が発売される場合、翌日の午後からチャートに集計されるものである。これは、
週末の時間も平日と同じように維持される見込みである。

ある歌手が真夜中に新譜を発売しても、早朝の時間にはこれ以外の既存の音源だけがグラフに反映されるわけだ。
たとえば、歌手が真夜中に音源を公開した時に、この曲の該当順位は午前1時ではなく次の日の午後から
順位が確認可能だ。真夜中は大型歌手や人気アイドル歌手が好む時間帯。どうやら昼より一般的な利用者数が
少ない時間帯なので、ファン層が集まれば夜明けの時間帯に比較的簡単にチャート上位圏を掌握することが
できるからである。新譜を発表する歌手たちが「チャートライン立てる」「チャートオールキル」という
タイトルを得る容易な時間帯という話だ。

業界で深夜0時音源発売の問題は着実に提起されてきた。音源公開時間は真夜中と正午二度に分かれている中で、
この改編案の目的はチャートの安定度と公平性を維持しようということにある。また、早朝の時間帯の技術的な
エラーが発生した場合、流通社が速い対処をすることができないという点も深夜音源発売の主な問題であった。

早朝の時間帯に1位から10位まである歌手の音源チャートが壁貼りされると、次の日の午前チャート順位にまで
影響を及ぼし、公正な競争を阻害するという判断からだ。「オールキル」による激しいチャートの変動を防ぎ、
一定ながらも様々な音楽ジャンルを確保するという計画である。かつて社会的な問題にも浮上した
「音源買い占め」を抑制するための試みでもある。

これまで文化体育観光部は、公平なチャート運営のためのリアルタイムチャートの改善と、チャート内
音源推薦廃止など、公正な音楽市場の秩序のための多角的な対策を推進してきた。2015年文化体育観光部は
音源流通社に「音源買い占め誘引発生のおそれがある音源流通やチャート集計時間の調整(通常の業務時間以内)の
合理的な対策を推進してくれ」という内容の協調公文を送るなど、業界秩序を歪曲する音源買い占め根絶のために
方案を模索してきた。

ある歌謡界関係者は、「健全な音楽の生態系を作るための大きな動きに参加すればという風」とし、
「しかし、すでに深夜0時音源発売方式が廃止されて復活するなど、浮き沈みを経験しただけに、より合理的な
対策が必要になるだろう」と伝えた。







自動翻訳を利用しています。









nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。