So-net無料ブログ作成
検索選択

『「肯定が体質」ド・ギョンス"チェ・ソジンとキスシーン撮影は本当に難しかった"』 [EXO]




スタートゥデイの記事


image_readtop_2016_758686_14778927522665566.jpeg


俳優ド・ギョンスがキスシーンの撮影に困難を吐露した。

31日午後、ソウル瑞草区サムスン瑞草社屋でWebドラマ「肯定が体質」ショーケースが開かれた。現場には
イ・ビョンホン監督をはじめ、ド・ギョンス(EXOディオ)、チェ・ソジンが参加した。

この日のド・ギョンスはチェ・ソジンとのキスシーン撮影について、「キスシーンの撮影がとても難しかった。
私とは合わないようだ。苦労して撮影した記憶がある」と慎重に話した。

続いて一緒に出演した俳優であるイ・デビッドに対して、「イ・デビッドとは'純情'で一度呼吸を合わせた。
プライベートでも連絡して会う。大好きな弟であり、先輩である。演技呼吸は本当に良かった」と明らかにした。

「肯定が体質」は、映画学科の大学生ファンドンが映画制作を準備して、彼の昔の恋人ヘジョンと再会して
広がる話を入れた。「無限動力」(2013)、「最高の未来」(2014)、「ドジョンに惚れる」(2015)に続いて、サムスンが
製作する4つめのウェブドラマだ。

主人公ファンドン役には人気アイドルグループEXOのメンバーディオ(ド・ギョンス)が抜擢された。映画女優
キム・オクピンの妹でネチズンの注目を集めた新人俳優チェ・ソジンがヒロインヘジョン役を演じ、ディオと
呼吸を合わせる。

一編当たり10分ほどで全6編からなる「肯定が体質」は、今日(31日)午後5時に初めての回が公開された後、
11月4日までにサムスングループブログ、ネイバーTVキャスト、Daum tvPot、YouTubeに毎日順次上がって
くる予定だ。最終日の11月4日には5編と6編が同時公開される。








自動翻訳を利用しています。










「これまで演じたキャラクターは暗く悲しい、内面に傷があった。今回の作品は大きな挑戦だった」

ロマンチックコメディジャンルに挑戦したことについて、「初めてのジャンルで負担にもなって心配もした」

「別れた恋人に連絡することができるか」という質問を受けて、「絶対に連絡しない」とし「すっきり別れたら
その後は絶対に連絡しないようにしようという考えがある」






「肯定が体質」第1話 → https://youtu.be/xKTIEXS4Je0

ヘンなテンションの時のギョンス満載w


「肯定が体質」BACKSTAGE LIVE → http://www.vlive.tv/video/15981










歴代アイドルグループ初動ランキング
161031.png








nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

リンク

あん子さん、こんにちわ。

YouTubeで見ました[exclamation]日本語字幕はないけど、なんだか面白そう[exclamation]
友達と躍りながら歩くシーンが好きです[ぴかぴか(新しい)]
けど、ヒロインの女優さんは微妙・・・。
EXO NEXT DOORのムン・ガヨンちゃんくらい可愛い娘がいいです。
by リンク (2016-11-01 10:42) 

あん子

リンクさん、

相手役の女優さん、ビミョーですよね。
お姉さんは有名な女優さんらしいですが、この方はほぼ無名?
ギョンスよりも顔が大きいのもなんだか・・・。
でも可愛ければ可愛いでそれもまた問題かも(笑)

by あん子 (2016-11-01 23:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。