So-net無料ブログ作成

『EXOド・ギョンスが柔道国家代表になった理由は?』 [EXO]




国際新聞の記事


映画「ヒョン」の主演を務めたグループEXOのド・ギョンスが映画撮影期間中、ずっと柔道の練習をした。
映画「ヒョン」のクォン・スギョン監督は、「ド・ギョンスは国家代表柔道選手を演じた。簡単ではない役のために
強力なトレーニングと実際の柔道技術を訓練した。4ヶ月間一度も欠かさなかった」とビハインドストーリーを伝えた。

そのためか、ド・ギョンスは26日ソウル狎鴎亭CGVで開かれた映画「ヒョン」の制作報告会で、「柔道を好きになった。
しかし、もう再びしたくない」と嫌気を見せた。

これに対し、同じ主役を演じたチョ・ジョンソクは、「撮影当時ド・ギョンスの体は石のように硬かった」と証言した。

ド・ギョンスに映画「ヒョン」は「純情」に次ぐ主演作である。歌手と俳優の仕事を兼業することは容易ではない。
パク・シネは、「ド・ギョンスが海外公演を終えて空港から直接映画の撮影に臨むのを見て'ご飯は食べたか'という
気がするほど痛ましかった」と伝えた。

チョ・ジョンソクは、「'カート'でド・ギョンスを見て俳優のオーラを感じた。今回一緒の作業をしながら学ぶところがあった」
と伝える。映画「カート」でド・ギョンスは劇中テヨン役で助演級演技をした。

映画「ヒョン」は、15年間会わなかった詐欺10犯の兄ドゥシク(チョ・ジョンソク)が、弟の代表柔道選手ドゥヨン(ド・ギョンス)が
足首負傷すると涙の釈放詐欺を広げ、共に同居して始まる。この2人の暖かい関係回復が観戦ポイントだ。
パク・シネは、国家代表柔道コーチスヒョンでドゥヨンを助け、ドゥシクとは困惑の役割をする。コメディと感動の映画「ヒョン」は
11月30日封切りする。







自動翻訳を利用しています。










映画『純情』DVD(10月28日発売)特典映像②D.O.(EXO)インタビュー一部公開

cr:avex pictures





ウェブドラマ「肯定が体質」予告

cr:Samsung


31日4時にVアプリ進行!




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。