So-net無料ブログ作成
検索選択

『FNC側"'罰金'イ・ジョンヒョン、今後の活動?内部的に苦悩中"』 [K-POP]





日刊スポーツ(韓国)の記事


CNBLUEのイ・ジョンヒョンが「有名芸能人招聘に関する未公開情報」を利用して、FNCエンタープライズ株式を取得した疑い
(資本市場と金融投資業に関する法律上の未公開重要情報利用行為)で2000万ウォンの罰金略式起訴処分を受けた中、
所属事務所側が「今後の活動計画は苦悩中だ」と明らかにした。

FNCエンターテイメント側関係者は、略式起訴処分を受けたイ・ジョンヒョンについて「今まさに結果を受けた状況なので、
今後の計画について正確​​に結論出していない」と述べた。

続いて、「ちょうどCNBLUEの活動が終わってからいくらも経たない状況で、決まったスケジュールがなかった。
修正する予定があるわけではない。罰金略式起訴処分を受けただけに今後の計画については、内部的に悩まなければ
いけない」と付け加えた。

先立ってFNCエンターテイメントは30日、株式相場差益によりチョン・ヨンファとイ・ジョンヒョンが検察の調査を受けたことについて、
チョン・ヨンファは「嫌疑なし」の処分、イ・ジョンヒョンは罰金2千万ウォンの略式起訴処分受けたと明らかにした。

同時に、FNCは「当社または当社の従業員が直接本件未公開重要情報利用行為に関与した事実は全くなく、
当社がブロック取引に関連する相場操縦容疑で捜査機関の捜査を受けているという一部メディアの報道も全く
事実ではないことをもう一度確認して申し上げる」といくつかの疑惑について否定した。

また、「当社の運営未熟により検察の調査及び当社所属の一部芸能人の略式起訴処分が下されたことについて、
当社と当社所属アーティストを愛してくださったファンの方々、そして今回の事件により失望した多くの方々に心より
深い反省と謝罪の言葉を申し上げる」と謝罪した後、「今回の事件をきっかけに、内部統制システムを改善し、
所属職員やアーティストに対する周期的な教育を実施することにより、再び上記のような物議を起こさないように
最善を尽くしたい」と明らかにした。

先立って、チョン・ヨンファは未公開情報を利用して所属芸能事務所の株式2万1000株を購入した疑いで調査を
受けたことが知られて話題を集めた。チョン・ヨンファは、自分が所属する芸能プロダクションFNCエンターテイメントに
有名芸能人が招聘されるという情報を事前に入手し、関連株を大量に買い入れ、転売の方法で2億ウォン台の
相場差益を得た疑いを受けたが無嫌疑処分を受けた。








自動翻訳を利用しています。






FNCの報道用コメントはこちら ↓

『“インサイダー取引の疑い” CNBLUE ジョン・ヨンファは無嫌疑、イ・ジョンヒョンは罰金刑…検察の調査結果が明らかに』



結局、多額の利益をあげたヨンファは無嫌疑、株を保有したままで何の利益も得てないジョンヒョンが罰金刑。

FNCはCNの顔であるヨンファを守り、ジョンヒョンが犠牲になったとの声多数>_<






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。