So-net無料ブログ作成
検索選択

『BIGBANG、結局'人気歌謡'出演不発..綱引き長期化するか』 [BIGBANG]




日刊スポーツ(韓国)の記事


1位候補のBIGBANGが最終的にSBS「人気歌謡」のラインナップから抜けた。

ファンは「人気歌謡」の制作陣がBIGBANGにペナルティを与えた結果ときつく怒っている状態だ。
歌謡界ではBIGBANGと「人気歌謡」の制作陣との間の感情対立が簡単に解けないと観測している。
これまで地上波音楽放送番組の中で、ほぼ唯一「人気歌謡」にのみ出演していたBIGBANGだったので、
今回の「人気歌謡」とBIGBANGの所属事務所であるYGとの間の綱引きは大きな波紋を起こす兆しだ。

背景はこうだ。BIGBANGは先月24日「人気歌謡」1位となった。しかし、この日の席にはG-DRAGONと
TOPが抜けたテヤン、テソン、スンリだけが参加した。YG側の説明によるとTOPとG-DRAGONは、
地方でのミュージックビデオの撮影のために参加できなかった。これについて1位のトロフィーを抱えた
三人のメンバーは、「新曲のミュージックビデオ撮影のために二人は来られなかった」と謝罪の言葉をした。
問題はここで起こった。BIGBANG完全体が受賞所感舞台に上がらない点を置き、「人気歌謡」の制作陣が
「BIGBANGをこれ以上出演させない」とペナルティを与えたのだ。

歌謡関係者たちは「1位になったチームはやむを得ない場合を除き、生放送に出なければ慣例的に問題と
見なしてきた。BIGBANGの場合もそのようなケースであること」とし、「ミュージックビデオ撮影という
事情があったが、他のチーム間の公平性の問題のため製作陣が問題視したようだ」と話した。

これら全般の状況を把握したファンはさらに反発している。これらは出演問題とともに先週事前投票であった
不公正な仕打ちにも、すでにしっかりと角が出た状況だった。「人気歌謡」の制作陣は'BANG BANG BANG'が
発表されてから40時間後に、事前投票のリストに'BANG BANG BANG'を上げた。毎週水曜日更新をすることが
原則であるという製作陣の説明であった。これに対しBIGBANGのファンたちは'BANG BANG BANG'が出た後、
40時間投票をすることができず、音源チャート1位を維持していたのに1位は他のグループに戻った。

これにより、BIGBANGと製作陣との間の距離を縮めるには時間かかる見通し。これからBIGBANGは
残り2つのシリーズのアルバム発売を控えている。'ベベ'に続き'BANG BANG BANG'まで音源チャート1位を
守るBIGBANGは、今後発表される音源も超強勢を広げる可能性が大きい中で、「人気歌謡」の制作陣が
どのような判断を下すか、より一層関心が集まっている。






自動翻訳を利用しています。






最後の1位発表の時にいなきゃいけないなんて知らなかった!
そんなことでペナルティを与えるとか・・・。

SBSはインガや年末の特番でYGにだけ長々と時間を与えて批判を浴びてきたんだから、
そこらへんをまず公平にすればいいのでは。







nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。